妊娠線とは?

char05 妊娠線とは、妊娠中、急激にお腹が大きくなるになるためにできやすくなる肉割れを妊娠線といいます。

妊娠線は一度できてしまうと、二度と消えることがないといわれており、一度できはじめるとメロン皮のように増殖してしまうのが難点です。

妊娠線を塗る時期は、早ければ早いほどベストです。 出産後に後悔しないためにも、妊娠したらすぐに妊娠線予防をはじめていきましょう!





妊娠線予防を甘くみてはいけない!

このページをみておられるみなさんは今、妊娠何ヶ月でしょうか?

「まだお腹に妊娠線はできていないから大丈夫!」そう思っていませんか?

妊娠線を予防するには、正しい予防ケアが必要です。

自己流でクリームを塗っていると、見落としていた場所に突然妊娠線ができたり、臨月でたった1日気を抜いただけで妊娠線ができてしまったりします!

そのためには、正しい知識を知って、正しい塗り方で妊娠線予防クリームを塗ることが重要なのです。

私は医療系国家資格を持つ、3歳の娘のはるママです。

自己流で妊娠線予防ケアを続けて、失敗して思ってもみなかった所に妊娠線ができてしまったというママの話をたくさん聞いてきました。

特に、妊娠6ヶ月までは大丈夫と油断している方が、お腹が急激に大きくなるにつれて急に肉割れができてしまったり、臨月になって下腹部やお尻に妊娠線ができてしまった!という失敗談を多く聞いてきました。

正しい妊娠線予防クリームの選び方

char05 妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。

1.無添加で肌に優しい成分か

市販のクリームには、パラペンなどの合成成分が大量に含まれているものも存在します。

肌の上から「経皮吸収」され、合成成分がお腹の中=赤ちゃんに吸収されてしまいます。

妊娠中なので、赤ちゃんのためにも無添加で肌に優しいものを選びましょう。

オーガニック成分のものを選ぶとよりベストです。

ベルタマザークリームオーガニック成分でできています。

2.保湿&美肌効果が高いか

妊娠線を予防するには、保湿効果が高いものを選ぶことが大切です。

また、葉酸など血液循環のめぐりをよくして美肌効果があるものを選ぶと、より妊娠線予防になります。

「すでに妊娠線ができ始めたかも・・ヤバイ!」という人は、妊娠線や肉割れを消す効果のあるクリームを選ぶと最適です。

3.のびやすく、ベトつきにくいか

妊娠線予防には、クリームタイプとオイルタイプがあります。

毎日塗りこむものですので、肌がベトつくオイルタイプはあまりおすすめしません。

夜にオイルタイプを塗るのはOKですが、朝起きた後に塗る場合は、ベトベトしすぎて下着も洋服もくっついてしまいます

のびがよく、サラりとしたつけ心地のクリームタイプをおすすめします。

4.コストパフォーマンスが高いか

毎日使用するものですから、値段が相応なものがよいでしょう。
ただし、ケチって効果が低い安物を使うのはやめましょう!

安物には合成成分が多く含まれており、妊娠中に適さないものも含まれています。
また、ケチって安物や専用ではない製品を使用し、妊娠線が多くできてしまったママたちがたくさんいます。

妊娠時だけなのですから、値段相応の効果が高いものを選ぶことが大切です。

当サイトの口コミ数百件以上をまとめ、数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。

実際に医療従事者である筆者が、妊娠時に使用し、これはという良いもののみを厳選しています。

できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




口コミ数百件以上!妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム





妊娠線予防クリームの中で、最も保湿力が高い>のがベルタマザークリームです。

ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が高濃度に配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

伸びやベタつきは?

私もいくつかの妊娠線クリームを使ってきましたが、ベルタが最も伸びがよく、かつ保湿効果が高く肌がプルプルになります。かといって手がベタつきません。

ママたちの声を聞いて頻繁に改良を加えており、本当によいクリームです。

現在販売されている妊娠線クリームのほとんどが、このベルタマザークリームを参考にした後発品です。 しかし、独自処方のシラノール誘導体を豊富に含んでいるクリームは他にありません。

妊娠線を絶対に作りたくない方は、ベルタマザークリームを選べば間違いないです。



実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。




2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム






女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、コスパが非常に高いのが特徴です。
保湿効果・伸び・ベタつきのバランスも取れており、敏感肌の方も使いやすくなっています。

その他の大きな特徴として、このマタニティクリームには「葉酸」が含まれています。
葉酸は葉酸サプリでよく目にするかと思いますが、血行のめぐりをよくする効果があります。

血行がよくないと、肌の新陳代謝が悪くなり、結果妊娠線ができやすくなってしまうので、血行をよくすることは妊娠線予防にも間接的に効果がある、というわけです。

保湿効果は高いの?

とはいっても、シラノール誘導体は含まれていないので、保湿効果の面ではベルタマザークリームには及びませんが、コスパがいいのが特徴です。

妊娠線予防クリームを塗る期間は、妊娠している数ヶ月にすぎないので、その期間の価格差はしれています。

「少しでも価格が安いほうにしたい(マタニティクリーム)」ほうをとるか、「絶対妊娠線を作りたくないから、より確実な妊娠線予防をしたい(ベルタ)」かは、人それぞれですね。








3位:肉割れを消す専門のNOCORクリーム






NOCORクリームは、すでにお腹などに妊娠線ができてしまっている方、若いころ太っていて、太ももなどにセルライトができている方などにおすすめのクリームです。

妊娠線予防だけでなく、ダイエットに失敗した方向けに、セルライト・肉割れを消す目的としても売られているクリームです。

妊娠線はいったんできてしまうとまず消えることはありませんが、このNOCORクリームは数ある妊娠線クリームの中で唯一、肉割れを消す効果が高いクリームになります。(完全に消えるまではいかなくても、薄くなる方はとても多いです)

伸びやベタつきは?

ただ、NOCORクリームはベルタやマタニティクリームなどに比べると、ややベタつき感があります。
まだ妊娠線がない方は、保湿効果が最も高く、ベタつきがなく快適に塗れるベルタマザークリームのほうをおすすめします。

逆に、すでに妊娠線ができている、できかけていてヤバイ・・という方は、急いでNOCORクリームを使ってくださいね!

NOCORクリームを使えば使うほど、妊娠線が薄くなっていきますよ!

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。








4位:マミーズタミー ボディオイル(バネッサミーガン)



9000円(200g)

バネッサミーガンは、オーストラリア発のオーガニックブランドで、世界で最も厳しいといわれるACOという認定を受けた製品です。そのいくつかある製品のうち、妊娠線予防に特化した製品がマミーズタミーボディオイルです。

ホホバ種子油とグレープシード油を使用しており、サラサラとした肌触りの妊娠線予防オイルです。

利点は99%オーガニック素材で肌に優しいこと。敏感肌の方でも使用できること。

欠点は、1本9000円(200g)と高いことと、サラサラしすぎているオイルなので、使用感がマイナスです。

→バネッサミーガンについてのレビューはこちら

5位:エルバビーバ STMクリーム



5,076円(125g)

ジョンマスターオーガニックから発売されているのが、エルバビーバSTMクリームです。

カカオバターとヒマワリ種子油、ホホバ種子油が保湿の主成分で、ラベンダーとローズの精油が含まれています。

保湿力は中くらいで、伸びは普通程度です。

6位:アマール力ストレッチマークミニマイザー



ハワイ原産の材料とハワイ島の海洋深層水を使ったクリームです。

主成分はココナッツオイル、シアバター、マカデミアナッツ油、ククイナッツ油とオイルがメインに配合されています。

オイルがメインなのに、クリームタイプとして作られているので、ベタつきにくいのが特徴です。
また、マンダリンやグレープフルーツなどのアロマの香りが配合されています。

「シラノール誘導体」など強い保湿効果がある成分は含まれていませんので、保湿力・妊娠線予防力は低め。
オーガニックなものが好きな方におすすめです。

7位:クラランス ストレッチマークボディクリーム



200ml 8100円

スキンケアやメイク製品で有名なブランド クラランスからでている妊娠線専用クリームです。

香りはクラランスの中では控えめで、全く無臭といわれる妊婦さんもいます。

伸びはよく、保湿力も普通〜中程度で、クラランスというブランドの安心感から購入される妊婦さんがおられます。

値段が高めなのが欠点。

8位:For Fam ボディミルク



For Famボディミルクは乾燥肌用に作られた保湿クリームで、妊娠中のママ以外に赤ちゃんや敏感肌の方も使えるようになっています。

セラミドとスクワラン、アルガンオイル、オリーブ果実油、ヒマワリ種子油、米ぬか油の5種類の植物性オイルが配合されています。

カサつき肌の方、新生児に乾燥しないように塗りこむことで、アトピーを予防していきます。

ただし、妊娠線専用には作られていないため、妊娠線予防効果のある成分は配合されていません。

その他:正中線専用オイル 薬用メイドバイマム



7,000円(税別)

メイドバイマムは、お腹の正中線にできた黒ずみを消す専用のクリームです。

正中線は妊娠線とは違います。ホルモンバランスの崩れやストレス、摩擦など様々な要因によりお肌がダメージを受けて黒ずんだことが原因で、もともとあるお腹の正中線が黒ずんでくることをいいます。

この色素沈着を消すためのクリームがメイドバイマムです。正中線部分に塗りこむだけなので、量はそれほど必要なく、妊娠線クリームと併用できます。(メイドバイマムを塗ってから、その上に妊娠線クリームを塗りこむ)

→メイドバイマムについて詳しくはこちら

何を選んでいいかわからない・・という方へ



妊娠線ができる原因とは?

nin 妊娠線ができる原因は、急激な体重増加とホルモンの影響にあります。

妊娠中に急激に太り体に脂肪がつくと同時に、皮膚が引き延ばされて割れ目ができてしまうのです。

妊娠線ができるメカニズム

皮膚は、一番上にある表皮→真皮→皮下組織(コラーゲン・弾性繊維・脂肪)によってできています。
急激な体重増加が起こり、お腹が大きくなっていくと、皮膚が引き伸ばされていきます。

そのとき、皮膚の下にある真皮や皮下組織にあるコラーゲン、弾性線維がついていけずに断裂され、赤紫色の瘢痕を残してしまいます。これが妊娠線です。

妊娠線は、理論的には妊娠中でなくても急激に太ったときにできることもあります。

痩せている人が多い日本人ではあまり見られないかもしれませんが、太っている人が多い欧米人ではよくあることです。

バカ食いして激太りした方は経験があるかもしれませんね。

ホルモンの影響によっても、妊娠線ができやすくなる

また、妊娠中はホルモンの分泌が盛んで、コルチコステロイドホルモンというホルモンが大量に分泌されています。

このホルモンの影響により、肌のターンオーバーの働きが抑制されて、普段よりも肌の代謝が抑えられているのです。

その結果、肌はよけいに弾力を失い、弱い状態になっているため、普段よりもよけいに傷つきやすい状態になっているので妊娠線がよりできやすくなるのです。

つまり、妊娠中は「急激に太る」+「ホルモンにより、肌の代謝が抑えられている」のダブルパンチで、妊娠線ができやすい状態になっているのです。



ケアに失敗し、妊娠線ができてしまった方の画像

char05

では、実際に保湿ケアに失敗し、妊娠線ができてしまった方の画像と体験談をご紹介します。

失敗した方たちは、決してクリームを塗っていなかっただけではありません。

妊娠線クリームの選び方を間違ったり、塗るタイミングや場所を間違ったりして失敗し、妊娠線が大量にできてしまっています。



妊娠線予防対策の方法とは?

それでは、妊娠線を予防するにはどうすればよいのでしょうか?

妊娠線を予防するには、体重コントロールと保湿ケアの2つが重要なポイントです。

妊娠線予防のポイント1:たっぷりとクリームで肌を保湿するのが基本!

正しい妊娠線予防のための保湿ケアは、とにかく毎日、たっぷりと保湿クリームを塗りこむことです。

特に、お腹が大きくなりはじめると、手がお腹の下やお尻のあたりまで届きにくくなるので、お腹以外の見えない場所に妊娠線ができてしまうことに注意しなければなりません。

1、2日くらいなら大丈夫・・と思っていても、たった半日塗るのをサボっただけで、急に妊娠線ができてしまうのが怖いところなのです。

妊娠線予防のために、専用の妊娠線クリームがたくさん販売されています。使用するのは妊娠している数ヶ月だけなので、ケチらずにたっぷりと使うことが重要です。

妊娠線予防のポイント2:妊娠線クリームの正しい塗り方を知ろう(動画)

では、妊娠線クリームはどうやって塗ればよいのでしょうか?

妊娠線クリーム(オイル)の塗り方をAMOMAさんが動画を作成しているのでご紹介します。



妊娠線クリームの塗り方の基本は3つです。

1)手に2プッシュまたは500円玉程度、オイルまたはクリームをとる

クリームタイプの場合は500円玉程度、オイルタイプの場合は2プッシュ手にとります。

2)お腹全体に円を描きながらクリームを広げていく

お腹全体に円を描きながら広げていきます。

冬はいきなり肌につけると冷たいので、少し両手でくるくると回し、人肌で温めてから塗ってもよいでしょう。

3)下腹部、脇腹全体にもクリーム(オイル)を広げる

円を描きながら広げることがポイントで、これにより満遍なく隅々までクリームを塗ることができます。

この応用で胸やお尻、二の腕などにも塗ることができますよ。

臨月になると、お腹が前にせり出してくるので、非常に塗りにくくなります。
特に下腹部は塗り残しの多いところですから気を付けましょう。

手探りになってしまいますが、多めに塗っておいて失敗はありません。陰毛に混じってしまうくらい塗ってもよいほどです。

妊娠線予防のポイント3:朝と晩の2回塗りましょう

妊娠線クリームを塗るタイミングは、妊娠初期〜中期までは朝・晩の1日2回がベストです。

妊娠後期からは1日5〜6回に増やしましょう。

晩はお風呂上がりすぐに塗るほうが体が温まっており、クリームの浸透が良いのでおすすめです。

まだそれほどお腹が大きくない妊娠4〜5ヶ月頃はお風呂上がりの1回のみで良いかもしれませんが、だんだん大きくなるに従い2回に増やしていきましょう。

お腹が大きくなるスピードが速い妊婦さんは、早い時期から1日2回にすることをおすすめします。

また、臨月近くになると、1日2回ではお腹の急激な増加に間に合わない場合もあるので、1日5回、6回以上塗る必要があります。

妊娠線予防のポイント4:塗り始めるのはいつから?

妊娠線予防はいつからはじめればよいかと思いますよね。

大抵の方は、お腹が大きくなり始める安定期以降から、妊娠線予防をすればいいと思っているかと思います。

しかし、ここに大きな落とし穴があります!

妊娠初期でも、乾燥肌の方や、肌代謝がよくない方は、妊娠線ができてしまうことがあるのです。

特に、乾燥しやすい冬は普通肌の方でも要注意です。

絶対妊娠線を作りたくない方は、妊娠初期から予防をはじめるのがベストです。

妊娠初期でも、お風呂上りに1回でもよいので、予防クリームを塗る習慣をつけることをおすすめします。

注意点:臨月に妊娠線ができ失敗する妊婦が続出している理由

妊娠線予防については、産婦人科の母親教室などでも軽く説明を受けることがあるかと思います。

しかし、実際は病院がサンプル品などを配り、「塗っておいてくださいね〜」と簡単に説明するのみで、妊娠線の恐ろしさやできやすい場所、時期などを教えることはほとんど皆無です。

恐ろしいことに、油断すると妊娠線はどんどん増えていきます。

特に、妊娠6ヶ月〜8ヶ月くらいまでは順調にできなかったのに、臨月に入って「もう大丈夫〜!」と油断し、たった2、3日であっというまに妊娠線ができて失敗してしまう妊婦が続出しているのです。

その理由は、臨月になると急激に体重が増加し、お腹の大きさが最も急激に大きくなる時期だからです。

さらに、「もうすぐ産まれる」という妊婦自身の焦りと隙によって、たった1、2回塗るのをサボったり、塗っていても下腹部に塗り足らなかったりして妊娠線ができてしまう失敗があります。

臨月に妊娠線が出来やすい場所とは?

お腹が急激に大きくなる妊娠6ヶ月以降〜臨月が最も妊娠線ができやすい時期です。

特に、下腹部(陰毛近く)は本当に見落としがちなところです。

自分ではもはやお腹によって見えないですので、手探りで塗るか、旦那さんに塗ってもらうなどして予防しましょう!

他には、胸、太もも、お尻も塗られていない方が多く、気が付いたら肉割れができていた!という方が多くみられます。

臨月には塗るクリームの量を増やして!

臨月になると、急激な体重増加により肌が急激に広がり、肉割れ(妊娠線)が非常にできやすくなります。

それを防ぐためには、頻回の予防クリームを塗ること+今までの2倍3倍の量のクリームを塗ることが大切です。

今まで、朝と晩(お風呂上がり)に塗って大丈夫だった方も、臨月近くなったらそれ以上に塗る回数を増やしましょう。

お肌が乾燥することが一番大敵ですので、常にお肌が潤っているように、昼間も3時間おきくらいに塗るのがベストです!

→クリームを使うのをケチって失敗した体験談
→注意!出産直前の臨月になると妊娠線が急増しちゃう?

ニ●アやワセリンなど、市販のクリームで代用できないのか?

妊娠線クリームは、相場が1本数千円を超えますので、どうしても「高い」と「もっとやすいワセリンなどで代用できないのか」という声があります。

実際にそういった安いクリームで代用されている妊婦さんはおられますが、実際のところ、失敗して妊娠線ができてしまったというケースが非常に多いのです。

これはなぜかというと、ニ⚫︎アやワセリンには保湿効果はありますが、妊娠線を予防するための肌の弾力性や柔軟性を保ったり、新陳代謝を活性化させたりする成分が入っていないからなのです。

また、赤ちゃんがいるお腹に使用するものなので、自然由来の肌に優しい成分でできているものを使った方がより安全です。

以上のことからも、妊娠線予防には「専用のクリーム」を使うことをおすすめします。
(妊娠期間中の一時期だけですから)



某有名メーカーのクリームを使って妊娠線ができてしまった方達の失敗体験談

大きな声ではいえませんが、有名メーカーだからといって安心ではありません。

TVや雑誌などにでているメーカーは、広告費を沢山使っています。その分価格も上がりますし、成分にコストをかけられません。

あまりメジャーではなくても、品質の良いクリームを使っているメーカーを選びましょう!





妊娠線予防サイト最大口コミ数!みんなの妊娠線予防体験談

妊娠線予防は情報戦です。正しいクリームの選び方、塗り方を知っている人は、臨月になっても妊娠線が全くできず、きれいなお肌をキープすることに成功しています。

一方、あやふやな知識のままに、適当に選んで塗った方達は、途中で肉割れができてしまっていることが多数おられます。

当サイトでは、実際に数百人以上に妊婦さん達にアンケートをとり、生の声・クリームを使用した口コミを集めました。

妊娠線予防の参考にしてくださいね。



何を選んでいいかわからない・・という方へ



最新情報

2017年5月22日
妊娠コラム
高学歴親の子供は一人っ子が多い理由
2017年5月18日
妊娠コラム
低学歴親の子供は兄弟が多い理由
2017年5月14日
妊娠コラム
下の子妊娠中からの上の子のケア
2017年5月10日
妊娠コラム
共働き夫婦の妊活のコツ
2017年5月6日
妊娠コラム
妊活のため退職する?しない?メリットデメリット

このページの先頭へ