妊娠性痒疹PUPPPの原因と治療法(妊婦の蕁麻疹)






妊娠が原因で妊娠前にはなかったトラブルが起こることはよくあります。
腰痛や足の付け根の痛みは有名ですが実は妊娠性痒疹PUPPPが出る場合も結構あるんです。

あんまりPUPPPって聞いたことがないと思うかもしれません。
PUPPPが原因と気づかないでかゆみに困っているママさんもいるでしょう。

今回PUPPPについてご紹介したいと思います。

PUPPPとは?

PUPPPとは100人に1人程度の割合でみられるといわれる妊娠性痒疹のことです。
蕁麻疹の症状と似ている皮膚疾患です。

PUPPPは蕁麻疹とおもって放置して掻き毟ったりしてしまったりして悪化することもあります。
間違った処置は悪化させてしまう場合があるので注意が必要です。

PUPPPは妊娠中の間手足や体のいたるところに局所的に発生します。
強いかゆみがあるのでいつまでたってもかゆみが治まらず、なにかおかしい気づくでしょう。

PUPPPの原因はまだわかっていません。
PUPPPの原因として考えられているのは妊娠したことによりホルモンバランスの可能性が高いといわれています。

初産よりもPUPPPは2回目以降の経産婦に出ることが多いようです。
妊娠3〜4か月頃から出現しはじめ、出産まで続きます。

PUPPPは強いかゆみをともないますが、出産後急速に消退するのも特徴です。
心配な胎児への影響ですが、ウィルス性ではないので原因不明ではあっても影響はないと考えられています。

妊娠することにより肌が乾燥したりする症状もあるため乾燥もかゆみの原因という場合もあります。
そういう場合には肌を乾燥させないようにすることでPUPPPが少しはよくなる可能性もあります。

妊娠中PUPPPは治らないの?

原因が不明のため、PUPPPは薬物によってかゆみなどの皮膚症状を抑える対症療法しかありません。
基本的にはステロイドの外用薬が処方されます。

PUPPPの症状が酷い場合には抗ヒスタミン薬やステロイド薬の内服も併用されます。
ステロイド薬は胎児への影響が少ないプレドニゾロンを使うことが一般的です。

それでも妊娠中なのでステロイド心配ですよね。
その場合にはヒルドイドローションまたはヒルドイドクリームがいいでしょう。
乾燥を軽減させてくれる役割があり、血流の促進作用もあります。

赤ちゃんから使用できる為、安心安全なお薬です。
乳児湿疹の時に処方されるクリームです。

それでも1日の投与量を守りましょうね。
かいてしまうと症状が広がり、かゆみも増長します。

皮膚も傷付くため、とにかくかかないことが大切。
氷枕や氷水で絞ったタオルなどで冷やすと、少しかゆみが治まることもあります。

わたしもは産後1週間PUPPPに悩まされました。
入院中だったのですぐに医者に副腎皮質ホルモンクリームを処方されました。

はっきりいってかゆみはあまりとれません。
湿疹がでるのを防いでくれるので結果的にはよくなりました。

しかしよくなるまでは無性にかゆく、新生児の授乳中もかゆくて大変でした。
原因はわからず最初は我慢していましたが我慢できなくて掻き毟ったりもしました。

どんどん悪化し、それで医者に相談して原因がわかりました。
妊娠中蕁麻疹のような症状が続くときにはすぐに病院に相談しましょう。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ