妊婦のヘアカラーはいつからOK?






妊娠中は、ヘアカラーをしてもいいの?
お腹の赤ちゃんへの影響は?
妊婦といっても、一人の女性。

赤ちゃんに影響のあることは避けたいけれど、根元がプリンになっていたり、パーマが落ちて微妙な髪形になっているのは耐えられませんよね。
妊婦のヘアカラーやパーマはいつからOKなのでしょうか?

妊婦のヘアカラーが赤ちゃんへ及ぼす影響

妊婦がヘアカラーやパーマをすると、染料やパーマ液などの薬剤が毛穴から入り、それが血液に混ざり込んでしまう。
その結果、お腹の赤ちゃんへ胎盤を通して薬剤が流れ、赤ちゃんへ悪影響を与えてしまうと思っている人もいるかもしれません。
しかし、染料・パーマ液が毛穴を通って赤ちゃんに悪さをするというような医学的な根拠はないようです。

ではなぜ、妊婦がヘアカラーやパーマをするのには、注意が必要なのでしょうか?

ホルモンバランスの変化

妊婦になると、妊娠前とはホルモンバランスが変化し、皮膚(頭皮)がとても刺激に弱くなり、過敏になる人がいます。
その為、妊娠前はなんともなかった染料やパーマ液などの薬剤の使用により、頭皮がかぶれてしまう事があります。
妊娠中に、もし激しいかぶれなどの症状がでても、むやみに強い薬を使っての治療はできません。

免疫力も落ちているので、一度、体調を崩すと、妊娠前よりも完治に時間がかかることもあります。
妊娠初期の妊婦は、つわりの影響で染料やパーマ液のきつい匂いで気分が悪くなることもあります。
また、胎盤が完成するまでは、体調も安定していない為、長時間同じ体勢で刺激の強い薬剤や匂いを嗅ぎ続けることにより体調を崩すしてしまう事もあります。

妊娠後期の妊婦は、長時間、同じ姿勢をとらないといけないヘアカラーやパーマは、むくみや腰痛の原因にもなります。
頭を洗う時の仰向けの体勢は、お腹の張りにも繋がりますし、大きなおなかではとても苦しく感じます。
また妊娠に伴い、トイレが近くなる事も多々あります。

尿意の我慢は、むくみなどにも繋がる為、長時間拘束されるヘアカラーやパーマには注意が必要です。
美容院での長時間拘束を避ける為、自宅でセルフカラーをされる方もいると思います。
しかし、こちらは美容院で使用している物より刺激の強い場合が多いようなので、避けた方がよさそうです。

体調と相談しながら

妊婦のヘアカラーやパーマは、直接、お腹の赤ちゃんに影響を与える事はないようです。
しかし、時期によっては、身体にとても負担をかけてしまいます。
妊婦でどうしてもヘアカラーやパーマをかけたい場合は、妊娠初期と臨月を避け、美容院にも「妊婦」だという事を事前に伝えましょう。
妊婦は貧血になりやすい為、普段、気にならない薬液の匂いや刺激でも気分が悪くなり、倒れてしまう事があります。

中期頃は、お腹の目立たない妊婦も多くいる為、予約の時点で「妊婦」だと伝えておかないと正しい処置が遅れてしまう危険もあります。
また、事前に伝えておくことにより、美容院によっては、低刺激の薬剤を使用してくれたり、頭皮につかないように施術をしてくれるようです。

事前に、妊婦だと伝える事で、体調を考慮しての施術となり、ずっと同じ体勢で座る事を避けることができたり、トイレなどにも行きやすくなります。
またできれば、ヘアカラーやパーマは安定期に入ってから妊娠30週目までにしておきましょう。
妊娠30週目以降は、お腹がグンと大きくなってくる為、仰向けでのシャンプーがとても苦しくなります。

施術中は、ずっと同じ体勢でいる事を避け、適度に姿勢を変えましょう。
トイレなども恥ずかしがらずに、我慢せずに行くようにしましょう!

自分の体調と相談しつつ、オシャレを楽しむようにしましょう!



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ