臨月の体重増加目安はどれくらい?






臨月になると、それまで胃を圧迫していた赤ちゃんの位置が、子宮の下の方に下がってきます。
その為、急激に食欲が増して来る妊婦さんもいます。
また、大きくなったお腹を抱え、思うように動けなくなくなります。

動きも、以前と比べると、とてもゆっくりになりますし、少し動いただけでも疲れやすくなります。
その結果、運動不足に繋がってしまいます。
食欲が増し、運動不足になりがりになるので、急激に体重も増してしまいます。

妊娠期間中は、全期間を通して「太りすぎは要注意!」と言われていますが。
特に体重の増えやすくなる臨月の体重増加の目安はどのくらいまで大丈夫なのでしょうか?

臨月の体重増加の目安

臨月の体重増加の目安は、妊娠前のBMIの数値(肥満レベルをあらわす)によって求められます。
BMI・・・妊娠前の体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
この数式を利用し、求められます。

・BMI18.5未満(やせ気味)・・・10〜12kg
・BMI18.5〜25未満(標準)・・・7〜10kg
・BMI25以上(太り気味)・・・5〜7kg(個人対応)

こちらの数値は、妊娠全期を通しての体重増加の目安となっています。
臨月を迎え、急激に体重増加をしたとしてもこの数値をできるだけ超えないように心がけましょう。
臨月に入り、1週間に500g以上体重増加した場合は注意が必要ですし、食生活や運動など、生活自体を見直しましょう!

しかし、個人により臨月の体重増加に違いがある為、どの程度、体重増加をしても大丈夫かどうかを主治医に確認してみましょう。

どうして体重増加してはいけないのか?

臨月の体重増加に関しては、妊婦検診の度に主治医からきつく注意される事も多いと思います。
実際、私も、臨月に入ってから、妊婦検診の度に、体重増加をしてしまい怒られていました。
「産道に脂肪がついたり、胎児が大きくなりすぎる(巨大児になる)ことにより、分娩がスムーズに進まず難産になる!」ときつく注意をされていました。

あとは、臨月に限らず、急激な体重増加により、さまざまなトラブルが引き起こされることもあります。
また、臨月に入った時点で、妊娠全期にトータル12kg以上体重増加をしていると次のようなリスクもさらに増してきます。

・微弱陣痛になりやすい(良い陣痛がこないと陣痛促進剤の投与などにも繋がり、母体や胎児に負担がかかる)。
・出産時に出血量が多くなりやすい。
・帝王切開の傷が治りにくい(ちょっとした刺激で傷が開きやすい)。

・無痛分娩の時などに、麻酔が効きにくい。
・妊娠高血圧症候群になりやすい。
・妊娠糖尿病になりやすく胎児が巨大児になりやすい。

このように臨月までの体重増加、または臨月に入ってからの急激な体重増加によりさまざまなリスクに繋がる事があります。

体重増加を抑える為に気を付けること

臨月の急激な体重増加を抑える為には、まず食生活を見直しましょう。
油もの・ケーキやアイス、チョコレートや菓子パンなどの甘いものは、極力、食べる事を控えるように心がけましょう。
しかし、我慢しすぎもストレスになってしまうので、どうしても食べたい時は、少しだけ食べるなど心と身体のバランスを取るようにしましょう。

体重増加を気にするあまり、無理な食事制限をする妊婦さんもいます。
しかし、無理な食事制限は、お腹の赤ちゃんに十分な栄養が届かなくなったり、妊婦さん自身も貧血になるなど好ましくありません。
栄養バランスの良い食生活を心がけ、海藻類やキノコ類など低カロリーの物を意識して取り入れるようにしましょう。
私自身、お腹が空くとところてんやそうめんコンニャクなどをおやつ代わりに食べていました。
低カロリーでお腹にもたまるので重宝していました。

また臨月の体重増加には適度な運動も効果的です。
普段、私は車中心の生活なので、自宅の周りを少し散歩するだけでも、いろいろな発見があったり、季節の移り変わりを肌で感じる事ができ、とてもリラックスできました。
また、スクワットなどもお勧めです!(しかし、無理は禁物です。)
スクワットは、子宮や膀胱を支える骨盤底筋を鍛える事ができるので、筋力をつけていると安産に繋がる効果もあります!

無理せず、食生活の改善や適度な運動を取り入れながら、臨月の体重増加を緩やかな物にし、安産を目指しましょう!



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ