双子を産むと妊娠線が増えるって本当なの?


family_futago

「おめでとうございます。双子の赤ちゃんですよ」

産婦人科の先生にそう言われて、嬉しさと同じくらい驚かれた方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。
「家系に双子がいるって聞いたことがなかったから予想外のサプライズ!」という人や、「不妊治療を決めた時から覚悟はしていた」という人など、いろんな感想が聞こえてきそうですが、多少の不安はあってもお腹の中に二人の命が宿っているということは喜びも感動もそれはそれは大きなものです。

そんなプレママ達の不安材料の一つに、「双子だと妊娠線が増えるって聞いたけど…」というのをよく耳にしますね。

もちろん、赤ちゃんが元気で生まれてくれるだけで十分幸せなことなのですが、ママも今を輝く一人の女性です。実際のところ、双子だと本当に妊娠線が増えやすいのでしょうか。

なぜ双子だと妊娠線が増えやすいの?

妊娠すると赤ちゃんの成長に合わせて、腹部がどんどん大きくなっていきます。

表皮はその急激な成長に伴って伸びるのですが、真皮や皮下組織の一部は伸びにくいため、お腹の成長についていけず、結果亀裂が生まれて妊娠線ができる人もいます。

双子ママのお腹は妊娠6カ月くらいで、一人の赤ちゃんを妊娠しているママの8カ月くらいの大きさになると言われています。そして、妊娠8カ月頃には一般的な妊娠の臨月に値するほどの大きさになるそうです。

ですから、お腹が大きくなる分、妊娠線が増えやすいというのは本当です。

双子だと妊娠線ができるのは諦めた方がいいの?

しかし、双子だからと言って、必ずしも妊娠線ができるわけではありません。

中には、丁寧にケアしていたにもかかわらず妊娠線ができてしまったママもいますが、「全くできなかかった」という双子ママも大勢いるのです。

妊娠線ができる理由は、個々の体質なども大きく左右されるようですが、「乾燥を避けてたっぷりのクリームでこまめに保湿するのが最善!」というのは、多胎妊娠・単胎妊娠に関係なく、どのママにも共通して言えることです。

双子を授かったプレママさん達は、お腹が張りや子宮口の開き具合など、どうしても心配事や不安が大きくなってしまいがちです。

しかし、だからこそ、毎日じっくりと時間を取って、お気に入りのクリームで優しくマッサージされることをお勧めします。

もちろん、妊娠線予防のためというのもありますが、その時間がふたりの赤ちゃんと向き合う特別な時間となり、「一緒に頑張ろうね~」と穏やかな気持ちにさせてくれるからです。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ