妊活のため退職する?しない?メリットデメリット


仕事をしながら妊活をするのは疲れます。
退職したいと思う時もありますよね。

妊活と仕事は両立できるけ楽ではありません。
退職するかどうか迷っている方へわたしなりのアドバイスです。

妊活と仕事は両立できない?

妊活を決意して仕事を退職するという決断もありだと思います。
わたしは妊活しながら仕事をしていました。

ただの妊活ならよかったのですが不妊治療をしていました。
もちろん仕事しながらです。

両立はできましたが、実際はとてもつらかったです。
人工授精や体外受精にステップアップしたあたりからかなり無理がありました。

私の職場では就業時間後に打ち合わせをする習慣がありました。
定時ダッシュでギリギリ病院に間に合う感じだったので打ち合わせは欠席。

しかも毎回です。
理由は上司に伝えてありましたが、同僚に総スカンでしょう。

体外受精の場合毎日注射を打つ必要がありました。
しかも一度体外受精を決めたら、やめるわけにはいきません。

イライラするし、職場でもなんとなく居心地が悪いので大変でした。
退職してゆったりした気分で不妊治療をしたほうがよかったのかもしれません。

妊活のため退職するメリットは?

退職するメリットはなんといっても時間です。
自分の時間を自由に使えることです。

家事があるとはいえ、自分の空いた時間を工夫すればいいのです。
妊活はとにかくストレスがたまります。

ストレスは妊活の天敵です。
退職してストレスフリーになれば、妊活の成功も早くなります。

妊活のため退職するデメリットは?

かといって妊活のために退職を推奨するわけではありません。
特に不妊治療をする場合にはお金がかかります。

不妊治療は保険適用外の治療が多いので医療費も高額になりがちです。
誰しもが裕福な家庭とは限りません。

体外受精も1回で成功するとはかぎりません。
お金も底をつきかねません。

そんなとき頼りになるのがお金。
共働きであれば、ある程度収入も潤います。

多少長く不妊治療を続けることができます。
子供に恵まれて思うことは子供がいてよかったと思うことです。

時間が流れていくたびに子供の成長が見えて、うれしくなります。
その分自分が老いていきますが、子供が成長していくと考えるとそれも幸せです。

妊活で退職するかどうか迷っているあなたへ。
少しでも参考になればと思います。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ