低学歴親の子供は兄弟が多い理由


なんとなく、ヤンキーとか低学歴親だと子供が多いですよね。
偏見かもしれませんが。

高学歴親だと子供が少なくて高齢出産が多い気がします。
低学歴親だと若い気がします。

低学歴親は結婚する年齢が若い!

産む年齢が早いことは子供の数に比例します
高学歴親の場合だとどうしても大学4年、就職を経て結婚となります。

どうしても子供を産む年齢が遅くなりがち。
低学歴親の場合、中卒・高卒だったりすれば当然結婚も早い可能性が大。

そうなると妊活も低学歴親のほうが高学歴親よりも早くスタートします。
若すぎるのも問題ですが、若いほうが卵子の質もいいので子供ができやすいでしょう。

たとえ一人目を産んだ後時間をあけても若い分、すぐ次の子供を妊娠することは可能でしょう。
ヤンキーや低学歴親が子供が多いと非難されがちです。

しかし子供が産みやすい年齢っていうのはあります。
高学歴親だとつい逃しやすいですが低学歴親だと妊娠しやすい時期に妊活できます。

そういう意味でな妊活にとっては低学歴親のほうが最適化もしれませんね。

親の価値観は子供に遺伝する!

遺伝レベルで能力が遺伝するわけではありません。
ある程度資質が遺伝するにしても低学歴親だから子供は低学歴というではありません。

高学歴親だと子供の学力や学歴などを重視しがちです。
子供が幼い頃からそれに向けた環境などもそろえようとします。

そうなるとお金もかかりますし、将来の貯えも関係してきます。
低学歴親の場合、あまり子供の学力や学歴には重きを置かないことが多いでしょう。

自分がおかれた環境を元に育児をするので低学歴親の場合そこまで力をいれません。
そうなると第2子以降への抵抗もあまりないので、子供をどんどん作りがち。

高学歴親の場合だと子供への経済的投資も大きいので子供をたくさん作るわけにはいきません。
それがいいのが悪いのかは別ですが・・・。

もちろん、低学歴親だからすべてそうとはいきません。
ある程度後先考えて子供は作ったほうが教育にはいいかもしれませんね。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ