高学歴親の子供は一人っ子が多い理由






一人っ子っていうだけでまだまだ周囲は偏見の目でみる人もいます。
わがままっていわれたり、社会性がないとか思われたりします。

一人っ子でもしっかりしている人はしているし、それぞれだけど一人っ子っていう枠で判断されることも。
でも意外と一人っ子の親は高学歴親だったりと厳しく育児をしている人が多い気がします。

一人っ子ってなんとなく高学歴親が多いですよね。

一人っ子育児が高学歴親に選ばれる理由とは?

一人っ子家庭は高収入家庭が多い気がします。
高収入な家庭は比較的高学歴親となりますよね。

理由はどうあれ一人っ子の育児は高学歴親がすることになります。
育児にはとてもお金がかかります。

もちろん子供の数に比例して出費もかさみます。
一人っ子であれば高収入ではなくてもある程度働いて収入があれば育児に注げる費用は節約できます。

今いる一人の子供の教育費や経験、愛情をおしみなく注ぐという点が一人っ子育児にはメリットがあります。
例えば子供が塾や習い事をしたい時期にいろいろ経験させることができるのです。

高学歴親の子供は一人っ子が多い理由とは?

とはいっても高学歴親が潤沢な教育を目指して一人っ子を選択したとだけもいえません。
高学歴親の場合、仕事もホワイトカラーである程度責任ある仕事をしていると思います。

そうなると婚期がおそくなったり、結婚が早くてもなかなか妊娠に踏み切れないことも考えられます。
高齢出産になれば、子供を二人以上というのは難しくなります。

高学歴親が一人っ子に多い理由は親の打算(笑)もあります。
しかし仕事の都合もあるのかもしれませんね。

一人っ子にせざる家庭もあるから一概にはいえない!

高学歴親の家庭が一人っ子だからといってそれが希望したかどうかはわかりません。
子供は兄弟がいたほうがいい!と思っても希望どおりにいくとは限りません。

苦労知らずですんなりと二人以上お子様にめぐり合えた人には理解出来ないと思います。
不妊治療をしてやっと子供が授かった場合だってあるんです。

不妊治療にはお金もかかりますし、精神的負担も大きいものです。
やっと子供が一人授かったからといって次二人目も不妊治療とは簡単にはいかないでしょう。

今居る子供一人に愛情を注いでいくと決断してもおかしくはありません。
また、人によっては機械的に作るのは嫌だという人もいるのでは?

家族が幸せで楽しく過ごせたらいいという方向性に変わってきています。
それぞれ家族には形があります。

高学歴親だから一人っ子が多いのは事実ですが、外からは見えない事情があるかもしれませんよ。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ