分娩予約はいつから?早く受診しないと予約できない?

 【妊娠線クリーム】NOCOR




妊娠がわかってやっと母子手帳をもらった感動は今でも忘れられません。
そのまま妊婦健診で妊娠期間を過ごし前に分娩先の病院を決めましょう。

いつごろまでに決めようかなって思うかもしれません。
結構妊娠初期の早い時期に分娩予約だけでもいれておかないと大変なことになります。

分娩予約がいつからできるのかも病院によってまちまちです。
いつからにしようかと呑気に待っていると分娩予約とれないときもあります。

いつから分娩予約が必要かどうかは病院による!

私の通院していた病院では分娩予約っていっても形式的なものでした。
B5ぐらいの用紙を渡されて分娩予約どうするって看護婦さんから聞かれました。

そこで分娩予約希望を伝えるとじゃあ、用紙書いてって渡れて記入して分娩予約終了。
いつからというのも結構いい加減のようです。

妊婦健診を受けている妊婦さんはそこで分娩予約しているようです。
里帰り出産とか子宮筋腫等で総合病院に転院とかじゃなければそのまま分娩予約することが多いようです。

なので分娩予約っていってもそれまで通院している妊婦は分娩予約をそのままするという感じです。
病院側もそう思っているようなので分娩予約も簡単なものでした。

わたしは妊娠中期に看護婦さんに聞かれました。
でも忘れられて臨月に用紙を書いた人もいました。

基本的には母子手帳を交付され、妊婦健診初期に分娩予約をするところがほとんどです。
ただなかには分娩予約なしでも受け入れる病院もあります。

私の住んでいる地域の病院はほとんどが分娩予約が必要でした。
分娩予約なしには受け入れない病院もあります。

分娩予約は母子手帳が交付されたら希望の病院に電話等で確認しておいたほうが無難です。

分娩予約はいつからがいい?

分娩予約をいつからしたほうがいいのか焦りますよね。
しかも里帰り出産を希望し、妊婦健診と違う病院を希望する場合にはいつからにしようか特に焦るでしょう。

産科がある病院は妊婦さんの数も多いことから早めに分娩予約をいれたほうがいいでしょう。
病院によって違うと思いますが、人気がある病院はいつからか確認しておかないと分娩予約とれません。

妊娠が分かったと同時に分娩予約を入れないと分娩を受け入れてもらえないところもあります。
精神的にも予約を入れておいたほうが安心だと思います。

里帰り先の病院に自分が生まれた病院を選ぶなんていうものステキです。
でも分娩先が決まらないというのは避けたいですよね。

結構お産を扱う病院の数が減っているのが現状です。
病院によっては妊娠12週までに一度診察をしないと予約できないところもあります。

ある程度早めに分娩予約をする病院を決めて問い合わせをいておくのがいいでしょう。

分娩予約をする病院は身長に!

里帰り出産先の病院選びで重要なのは、その病院が里帰り出産を受け入れてくれるかどうかです。
実は産科医の不足から、里帰り出産をお断りしている産院もあるんです。

ある程度の目星がついたら、まずは早めに電話で病院にコンタクトをとりましょう。
将来的にそこでお産をすることを考えて、

里帰り出産を受け入れてもらえるか等確認しておきましょう。
診断書や紹介状など予約に必要な場合もあります。

正式な予約にはいつからとればいいのかなどを教えてもらいましょう。
いつからかは病院によるところがありますが遅いと分娩予約できないところもあります。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ

ツールバーへスキップ