スリングは危険?抱っこ紐との比較 


赤ちゃんとのお出かけグッズの必需品は抱っこ紐かスリング。
あとはベビーカー。

特に抱っこ紐かスリングあたりは家事の合間にも重宝します。
街中をみると圧倒的に抱っこ紐派が多い気がします。

ただたまにスリングのママさんもいます。
なんとなく私はスリングって赤ちゃんを落っことしてしまいそうで危険な感じがします。

スリングは危険?メリットは?

私には危険そうにみえるスリング( ;∀;)
スリング使っているママさんごめんなさい。

スリングお愛用している人がいるということはそれなりにメリットがあるということです。
実際にスリングを試着してみるとわかるのが密着度が高いんです。

赤ちゃんにもママにも安心感を与える密着度です。
しかも抱っこ紐に比べて数段コンパクトです。

収納も楽だし持ち運びがしやすいのがスリングのメリットですね。
そしてなんていっても値段が安いです。

抱っこ紐って安全基準も厳しいので丈夫にいろいろできている分値段も高いです。
1万以上はみたほうがいいでしょう。

スリングは危険?

スリングがあまり使われていないのは医学的に危険があるからです。
小児科とかでもスリング使用について注意されたりもするそうです。

赤ちゃんが落っこちやすい危険はすぐ頭に浮かびます。
しかし実はスリングの危険性はほかにも赤ちゃんの股関節脱臼を招くところです。

赤ちゃんは股関節が外れやすいです。
スリングで足をのばしたままにしておくと股関節脱臼になりやすくなります。

スリングは最低生後3か月ぐらいまでは使用しないほうがいいと言われています。
使用時期や使用方法を間違うとスリングは赤ちゃんにとっても危険です。

ゆっくりと股関節脱臼を起こすのですぐには気づかないで放置してしまいことも。
あとスリングって結構慣れないと使いづらいです。

バックルが壊れて子供が落ちる事故があったみたいです。
コンクリートに赤ちゃんが頭から落っこちるところを想像するとぞっとします。

きちんと使っていればスリングはそこまで危険視することはありません。
しかし私自身は不器用だし、抜けているのでスリングは買いませんでした。

スリング派?抱っこ紐派?

私は抱っこ紐派です。
抱っこ紐だって赤ちゃんがずり落ちたりする危険はあります。

慣れないと装着は難しいです。
とはいっても難しいのは紐がいろいろあったり、難しく見えるだけで一度つけ方をしれば大丈夫です。

むしろ布は丈夫でできているし、赤ちゃんが落ちないように頑丈に作られています。
ちょっとかがんだだけではずり落ちません。

どちらも使い方を間違えれば危険なことは間違いありません。
しかしそれでも抱っこ紐のほうが多少危険は少ないと思いました。

あとは本人の使い勝手で決めたほうがいいでしょう。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ