妊婦の糖質制限は危険?妊娠糖尿病を予防する方法


妊婦の時間はは幸せな期間ですがトラブルが起きやすい時期でもあります。
貧血、腰痛などの軽い症状だったらまだいいですが、妊娠糖尿症だとちょっと危険です。

妊婦は体重管理のために糖質制限を自己流でしがちです。
しかし間違った糖質制限は逆に胎児を危険にさらします。

妊娠糖尿症はそんなに怖い病気なの?

妊娠糖尿病とは妊娠が原因で発症してしまう病気です。
糖の代謝が異常を起こしてしまう怖い病気です。

妊婦は血糖値が高くなったり、血糖値が高くなりがちです。
妊婦健診で必ず血圧をみると思いますがそこで妊娠糖尿病の疑いを指摘されることがほとんど。

ただ妊娠糖尿症は糖尿病には至らない軽度のものです。
妊娠糖尿病は軽度なので産後には元通りになります。

なので糖尿病は治療できないと絶望するほどではありません。
気を付けなければいけないのは産後に糖尿病を発症しやすくなります。

なので糖質制限とは言わないまでも体重管理、健康管理は大切です。
妊娠糖尿病の発症率は約12%です。

今まで糖尿病とは縁がなかった人でも発症することがあります。
どんな妊婦でも妊娠糖尿症になる可能を秘めているんです。

妊娠糖尿症は赤ちゃんにどんな影響を与えるの?

妊娠糖尿病はインスリンを抑えるホルモンが過剰に分泌されてブドウ糖をさらに分解しにくい状態です。
妊婦は赤ちゃんにブドウ糖を優先的に供給するようになっています。

そのときに甘いものをたくさん食べると血糖値が急増してしまうのです。
血糖値が高い場合には妊婦自身だけでなく胎児にもさまざまな影響が出てきます。

妊婦自身は早産しやすくなったり、妊娠高血圧症候群、羊水過多症、尿路感染症などの危険性が高くなります。
胎児は巨大児、新生児の低血糖が起きやすくなります。

最悪子宮内で胎児が死亡することもあります。
妊娠前から血糖値が高かった可能性の高い場合には、流産しやすくなります

子どもが先天奇形を合併していることもあります。
なので妊娠中毒症は妊婦だけでなく、赤ちゃんにもとっても危険な病気なんです。

妊娠中毒症が怖いから糖質制限するのは間違い?

お腹の赤ちゃんはブドウ糖をエネルギー源に成長します。
なので妊婦が間違った糖質制限をすると赤ちゃんの成長を著しく阻害します。

妊婦は胎児の成長のための栄養と妊婦自身の栄養とエネルギーを摂る必要があります。
乱暴な糖質制限は母子共に栄養欠乏のリスクが高まります。

血糖値が高いからと言っても過激な糖質制限はやめましょう。
妊婦は甘いものを食べたくなりたい時が多いでしょう。

そこはぐっと我慢してご飯やうどん、パンなどでお菓子などは控えるといいですね。
糖質制限ではなく、健康的な糖質の摂取に心がけましょう。

そうでなければ赤ちゃんが飢餓状態になってしまいます。

食事制限や糖質制限をし過ぎて母体が飢餓状態になると糖が十分に作り出せません。
妊娠中に血液中の赤ちゃんへの糖が不十分だと子供の精神発達に悪影響があります。

赤ちゃんのIQが少し下がるというデータもあります。
妊娠中の糖質制限ダイエットはとっても危険です。

糖質制限は医師や栄養士の相談と相談しながら進めましょう。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ