見逃しがち…太ももにも妊娠はできる!






妊娠線と聞くと、ほとんどの方が真っ先にイメージするのは「お腹」ですよね。

しかし、「1日も怠らないで念入りにマッサージしたから妊娠線できなかった」と喜んでいたのに、産後に姿鏡を見てビックリ!全く気づかないうちに太ももの裏に赤っぽい線ができていたという話も決して珍しくはありません。

胸やお尻も妊娠線がよくできる場所ですが、太ももまではマッサージをしていないというプレママも意外と多いのではないでしょうか。

どうして太ももにも妊娠線ができるの?

赤ちゃんの成長に伴ってお腹の皮膚がぐんぐんと伸びるので、お腹に妊娠線ができてしまうのはなんとなく理解ができますよね。

しかし、胸、腕、お尻、太ももなど、脂肪がつきやすい部分も妊娠性ができやすいのです。それは、妊娠で体重が増加して皮膚が引っ張られても、皮下脂肪は弾力性がないために十分伸びることができないため、皮膚に亀裂が生まれやすくなるからです。

また、妊婦さんは体調などの関係で妊娠前よりも運動不足になりやすく、油断していると筋肉が衰えてきます。そのため、皮下脂肪の増加状態となり、太ももにも妊娠線ができやすくなるということです。

注意する点やケア方法は?

妊娠中にハードは運動は避けるべきですが、皮下脂肪を増やさないためにも、散歩やウォーキングなど無理のない程度で、積極的に運動を取り入れる必要があります。

また、クリームやオイルなどで保湿を促す妊娠線防止のマッサージは、お腹や胸だけでなく、太ももまでしっかりと行いましょう。

その際、片足を椅子などに置き、足の付け根から膝に向かって裏側までしっかりとクリームを伸ばします。太ももはセルライトもできやすいので、両手の指をしっかりを広げて入念に塗りましょう。

妊娠線が一度できてしまうと、産後の努力で多少薄くなることはあっても、完全に消えることはありません。ですから、後で「あの時、きちんと太ももまでマッサージをしておけば良かった…」と後悔しないように、今できる最大限のケアを行っていくことをお勧めします。

しかし、臨月に近づいてくると太ももまでのマッサージが体勢的にしんどくなる可能性もあります。そんな時は、ただクリームやオイルを塗るだけでも大丈夫なので、決して無理だけはしないでくださいね。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ