2017年カレンダー 戌の日はいつ?を教えます






妊娠が順調に進んでいくと、気になってくるのが安産祈願ですよね。
妊娠5カ月を迎えた戌の日に神社・お寺で安産祈願をしてもらう事が一般的です。
現在妊娠中の方は、2017年カレンダーを参考に、ご自分の戌の日をチェックしてみてはどうでしょうか?
今回は、2017年カレンダーを参考に戌の日はいつなのかを調べてみました。

戌の日とは?

戌の日とは、妊娠5カ月目を迎えた最初の戌の日に安産(母子の健康)を祈願する事です。
昔から戌(犬)は、お産が軽く多産だった事にあやかった物だと言われています。
(十二支の順番で回ってくるので、12日毎に戌の日が存在します。)

この戌の日に、腹帯を巻くという、昔からの風習があります。
昔は妻側の実家から送られる事が多かったようですが、今は特に決まりはなく自分で購入したり、祈願をお願いする神社などに用意してもらうなど、個人の状況に応じさまざまです。
腹帯も、昔はさらし(1枚の長い布)を使っていましたが、今は、腹巻のように簡単に装着できる物、ガードルタイプ、マジックテープで調整のできる物など色々な種類があります。

戌の日の祈願の方法

戌の日の祈願は、日本独特の物のようです。
安産祈願は、多くの神社ですることができます。
子安神社・八幡宮・水天宮など安産祈願を掲げている神社の他、子安観音や中山寺など有名なお寺でも安産祈願をしてもらえます。

安産祈願で有名な神社・お寺などは、戌の日(特に大安の日)には、大変混み合う事が予想されます。
ご自分の体調と相談しつつ、休憩できる場所を事前にチェックしておくことをお勧めします。
また大手の神社やお寺の場合は、戌の日に限らず、毎日、安産祈願をお願いできるところもあるようです。
また地元の身近な神社は、安産祈願の時、予約が必要な場合もあるので、戌の日が近づいてきたら問い合わせてみる事をお勧めします。

神社やお寺により、安産祈願の方法は少し違っているようです。
一般的には、持参した妊婦帯(さらしやガードルなど)や神社やお寺で購入した物にお清めをしてもらい、神社の印鑑などを押してもらったり、神主さんに「戌」と書いてもらうなどさまざまです。

仕事の都合や、ご自分の体調が優れない場合は、無理なく行ける日を選び安産祈願をお願いするという方法もあります。
また神社やお寺まで安産祈願に行けない場合は、自宅で戌の日に自分で腹帯を巻いたり、家族(夫など)に、腹帯に「戌」と書いてもらうと言う方もいるようです。
安産祈願は、個々人の気持ちで行う物なので、どのような方法を選ぶかは個人の自由です。
ご自身に合った方法で、産まれてくる赤ちゃんとお母さんの健康をお祈りしましょう。

2017年カレンダーの戌の日

さてここからは、2017年のカレンダーを参考に戌の日をお知らせします。
2017年カレンダー1月の戌の日。
・1月11日(水)先勝
・1月23日(月)先勝

2017年カレンダー2月の戌の日。
・2月 4日(土)友引
・2月16日(木)友引
・2月28日(火)仏滅

2017年カレンダー3月の戌の日。
・3月12日(日)仏滅
・3月24日(金)仏滅

2017年カレンダー4月の戌の日。
・4月 5日(水)大安
・4月17日(月)大安
・4月29日(土・祝)先勝

2017年カレンダー5月の戌の日。
・5月11日(木)先勝
・5月23日(火)先勝

2017年カレンダー6月の戌の日。
・6月 4日(日)友引
・6月16日(金)友引
・6月28日(水)先負

2017年カレンダー7月の戌の日。
・7月10日(月)先負
・7月22日(土)先負

2017年カレンダー8月の戌の日。
・8月 3日(木)大安
・8月15日(火)大安
・8月27日(日)赤口

2017年カレンダー9月の戌の日。
・9月 8日(金)赤口
・9月20日(水)友引

2017年カレンダー10月の戌の日。
・10月 2日(月)友引
・10月14日(土)友引
・10月26日(木)先負

2017年カレンダー11月の戌の日。
・11月 7日(火)先負
・11月19日(日)大安

2017年カレンダー12月の戌の日。
・12月 1日(金)大安
・12月13日(水)大安
・12月25日(月)赤口

戌の日を参考に、安産祈願に行かれてみてはどうですか?



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ