妊娠中こそ幼児教育の準備をしたほうがオススメ!


妊娠中まだ見ぬわが子のためにいろいろ思いをはせ、準備をしたい気持ちになります。
こういう子供になってほしいと幼児教育の準備をするママさんもいるはず!

妊娠中にできる幼児教育なんてと思うかもしれません。
しかし妊娠中でわが子は小さくてもママとつながっていろいろ感じています。

だからわたしは妊娠中の幼児教育をぜひおすすめします。

妊娠中に幼児教育は早すぎる?

幼児教育は早いほうがいい!

幼児教育で一番重要なのは心です。
教育というとつい学力とか能力を考えてしまいます。

しかし知育教育ではなく、豊かな心を育てる教育のほうがとても重要です。
いつから情操教育をはじめたほうがいいか迷うでしょう。

早ければ早いほど良いのです。
妊娠中に始められればベストですね。

幼児教育の準備を妊娠中から始めてた子供のほうが穏やかで育てやすいという説もあります。
妊娠中どれだけ幼児教育が効果があるのか数値ではあらわせません。

しかし実際に効果があったというママさんが多いのも事実です。
子供ために何かするのに早すぎるということはありませんよ?

幼児教育の準備とは何をすればいいの?

幼児教育といっても何かを購入したり、通信講座を受けたりする必要はありませんよ?
実際に何か物や映像で子供と触れ合うのは産後からです。

妊娠中に行う幼児教育の準備というのはとても簡単なことです。
おなかの赤ちゃんに、たくさん言葉をかけたり、美しい音楽を聞いたりすることです。

ママの心がゆったり幸せな気分になれば、その気持ちは赤ちゃんにも伝わります。
言葉をかけることによってママの愛情も感じることができます。

幼児教育のポイントは心を育てることです。
胎児はどんなに小さくても感情や人格を持っている一人の人間です。

赤ちゃんの心と対等に向き合ってあげましょう。

胎教中にできる幼児教室もあります!

言葉がけだけでは物足りない、自分でちゃんとできているか不安、という方には、胎教中から通える幼児教室もあります。

例えば、早期教育で有名な「七田チャイルドアカデミー」の胎教教室です。

妊娠安定期頃から通え、妊娠中に数回程度、妊婦が学ぶ胎児への言葉かけや出産後の育て方などを学ぶ教室です。

早期教育に熱心な方をはじめ、穏やかな子を育てたい、賢い子を育てたいという方が参加されています。

胎教教室を卒業後は、そのまま七田チャイルドの幼児教室へと母子で通われる方も多くいらっしゃいます。

最後に

可愛いわが子であれば将来幸せになってほしいと願うのは親として当然です。
そして苦労しないようにマナーやしつけを厳しく教えます。

教養としてつい習い事もいろいろさせてしまいがちです。
スパルタ教育が悪いわけではありませんが子供にとってはストレスを与えるだけで得られるものが少ない場合もあります。

3歳未満までの幼児教育はどんなことがあってもママが支えてくれるという信頼感、安心感を育てることが大切です。
健全な心が幸せな人生につながっていきます。

勉強が必要な年齢になれば子供は嫌でも勉強をしなければいけません。
本人が望まなくても競争社会でもまれていかなければいけません。

そのために妊娠中から豊かな心をはぐくむ教育をしていきましょう。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ