太ることと妊娠線は関係ある?妊娠線を増やさないためにできること


急に大きくなってきたおなかや乳房に発生してしまう妊娠線。赤紫の筋は結構目立つので恥ずかしいですよね。

ある程度の妊娠線は仕方のないことですが、急に太るとあっというまに妊娠線も増えてしまいますよ。
妊娠線を予防することはできるのでしょうか。考えてみましょう。

原因は太ること?妊娠線の原因について

妊娠線はできる原因は、急激に大きくなるおなかの表皮に対して、皮下組織が伸びきれずにひび割れてしまうことです。
ですから妊婦さんが太ることは、妊娠線の大きな原因になります。

そうはいっても、赤ちゃんが成長するんだから、おなかが大きくなるのは当たり前じゃない…と言われそうですね。

もちろんある程度太ることは仕方ありません。問題は急激に太ることです。
急激な皮膚の伸びは、妊娠線をたくさん発生させてしまいます。妊娠線を予防したいなら、必要以上に体重を増やさないように気を付けるのが一番です。

太ることだけが妊娠線の原因ではない?乾燥ケアも忘れずに

太るということだけが妊娠線の原因ではありません。
肌の乾燥も肌の弾力を弱めますから、妊娠線の原因になります。

乾燥肌が気になるようなら、おなか周りもしっかりと保湿ケアをしておきましょう。
妊娠線予防のクリーム等も市販されています。妊娠線の抜本的な改善策にはなりませんが、予防としては効果がありますよ。

妊娠中はどうしても普段よりも太るもの。でも必要以上に体重が増えなければ、それほど妊娠線が出来ることはありません。
急激に太ることと肌の乾燥に注意して、妊娠線が増えないように気を付けましょうね。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ