ヴェレダマザーズボディオイルで一人目は妊娠線予防に成功。二人目は失敗。

 【妊娠線クリーム】NOCOR




私は、一人目を妊娠したときに、絶対妊線を作らないようにしようと心に決めました。

長い間、不妊治療を受けていたので、妊娠したことが嬉しくて嬉しくて、妊娠がわかってからはわかってからすぐに
妊娠線予防のグッズをいろいろと買い揃えました。
もちろんまだお腹が大きくなる前の、妊娠7週あたりことです。

私がよく使っていた商品は、『WELEDA(ヴェレダ)のマザーズボディオイル』です。

妊娠時はなぜか、身体に優しいものを欲するようになり、特に食べ物や、身体に直接つける化粧品などは
『オーガニック』『ナチュラル』やといったキーワードに心惹かれていました。

ちょうど妊娠がわかった時期は夏だったので、甘すぎない、わりとさっぱりとしたお花のような香りがとても心地よく、
お風呂から上がったあとに、お腹、お尻、太ももなど、ありとあらゆるところに塗っていました。

妊娠線予防を万全にしていたからか、急な体重増加がなかったおかげか、一人目の長女を出産したときは、妊娠線が一本もできませんでした。

数年後。

二人目を妊娠したときは、ちょうど真冬の寒い時期でした。
妊娠発覚後から妊娠5ヶ月頃まではつわりがひどく、当時3歳の長女の相手をするのも精一杯でした。
ですので、一人目を妊娠しているときほど、自分の身体をいたわってあげられませんでした。

私は吐きづわりだったので、途中で気持ち悪くならないようにお風呂もさっと入るだけにしていたし、寒い時期で長女に風邪を引かさないように急いで着替えさせ、気づいたら自分のケアをせずに、寝落ちしている毎日でした。

また、匂いにも敏感になり、妊娠前に大好きだったコーヒーも飲めなくなり、一人目妊娠中に毎日のように使っていた
マザーズボディーオイルの香りでさえ、好まないような体調になってしまいました。

自分で見たところ、乾燥しているようにも見受けられないし、一人目と同様、体重管理には気を使っていたし、何しろ吐きづわりであまり体重が増えていなかったので、お腹が張っているような感じでもなかったので、完全に油断していました。

二人目の妊娠発覚時にも、同じマザーズボディーオイルを購入しましたが、ほとんど使えないまま出産の日を迎えました。

そして無事出産後、私が使っていたマザーズボディオイルは、出産後も引き締め効果があると書いてあったので、久しぶりに使ってみることにしました。
すると、小さくなったお腹に肉割れのような妊娠線を見つけました。

これが妊娠線か!と衝撃を受け、今まで自分のことをケアして来なかった日々を、後悔しました。

二人目は、一人目のときよりお腹が大きくなるのが早かったこと、一人目妊娠時よりお腹が大きくなっていたことはわかっていました。

ぱっと見てわからなくても、皮膚が引っ張られて、乾燥していたのだと思います。

いくらつわりが辛くても、寝ながらならケアできていたかな。
匂いが合わなくても、無香料など他のものを探せば使えていたかな。
などといろいろなことを思いました。

でも、いつまでもクヨクヨしていてもどうにもなりません。
私は気持ちを切り替え、できてしまった妊娠線を薄く、できればいつかは消えてくれたらいいなと思いながら、
今は毎日努力している最中です。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ

ツールバーへスキップ