エルバオーガニッククリームで失敗!肉割れができた口コミ


お腹の中心線あたりに、妊娠9ヵ月頃にできました。

妊娠線が出来ないように、妊娠初期の頃から保湿クリームを毎日一回塗っていました。
口コミなどを見て出来ずいというコメントが多いものや、悪阻があったので、苦手な匂いでないものを探して、オーガニックの物を購入しました。

エルバオーガニックのクリームタイプです。

匂いもきつくなく、ほんのりと香る優しい香りだったので、匂い悪阻の時も問題なく使用できました。
赤ちゃんとのスキンシップもかねて、夜に一回お腹まわりに丁寧に塗り込んでいました。
お腹が目立つようになっても妊娠線が出来ることはなく安心していました。

しかし、妊娠9ヵ月頃から切迫早産になり、絶対安静で入院になると、なかなか丁寧に塗れなくなってしまい、そこから、ほんの少しですが、お腹の中心部分に妊娠線が出来てしまい、残念でした。

出産後も、妊娠線が気になったので、お風呂上がりに一回こまめに塗っていたら、ほんのりと薄くなり目立たなくなったので安心しましたが、もう少し丁寧に塗っていたら妊娠線が出来なかったのかなと思うと、少し後悔しています。
クリーム自体はとてもよく、妊娠中から出産後、赤ちゃんにも使用できるのでとても重宝しました。

やはり、初期からかかさず行うことが大事なことと、妊娠3ヶ月位からお腹が出てくると思うので、そこからが一番お腹の皮も伸びやすいので、丁寧に塗ることが大事だと思います。

私は切迫早産になってからは、ほぼ寝たきりだったので、妊娠線を予防するのが途中から難しかったですが、それまでは、常に毎日欠かさず行っていたので、そこまで妊娠線が出なかったのかなと思うので、自分に合った製品を見極めて使うことと、三日坊主にならないように、塗ることが大事なのかなと思います。

また、赤ちゃんとのスキンシップの時間にもなるので、このような時間を設けるのも良いのではないかなと思いました。

出産後も自分の時間がなかなかとりずらいとは思いますが、お風呂上がりにパパっと塗るだけでも違うと思います。実際に産後も欠かさず塗っていたところ、半年後には、結構妊娠線が薄くなり、目立たなくなってきたので、私自身とても嬉しかったです。

子どもが小さいうちは一緒にプールにいったり、温泉に行くことが多いと思うので、出来るだけ妊娠線を作りたくなかったので、徐々に妊娠線が薄くなったときは、本当に嬉しかったし、温泉にいったときも、お腹まわりを隠さずに入れたので良かったです。
毎日の積み重ねが本当に大切だと思うので、自分の好みのクリームの物を探すのはとても大事だと思います。

現在は試供品も下さる会社も多いので、実際に製品を試してみて、べたつき感やしっとり感、匂い、成分、値段をよくみて試してみて見てから買うのが、一番満足感を得られるのではないかなと思います。

現在妊娠中で、今回は今まで使ってた匂いが苦手になってしまったので、新しく試供品を頂きながら、探しています。
今回も初期から毎日欠かさず塗り、妊娠線ができないよう、赤ちゃんとスキンシップをしながら予防していきたいと思います。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ