双子妊娠の体重増加まとめ




妊婦さんといっても年齢や体調によって様々です。双子を妊娠している人にとっては、今後の体重増加や体調が気になるのではないでしょうか。
 
今回は双子妊娠中の妊婦さんのために、双子妊娠の場合の体重増加やリスクなどについてお教えします。不妊治療でも双子を授かることがありますから、妊活や不妊治療を考えている人も、双子妊娠について知っておくと良いでしょう。

 

双子妊娠の体重増加の目安

 
双子妊娠中は、体重の増加幅に気をつけましょう。妊娠すると、中期以降は赤ちゃんが大きく成長を始める時期に入ります。ママの体は赤ちゃんとママ両方の栄養を吸収しようとして、体重が増えやすくなる時期です。
 
どの妊婦さんも体重の増加幅に関しては注視される点ですが、双子妊娠の場合はどうなのでしょうか。通常、単体妊娠の体重増加幅に2~3kgをプラスしたくらい(赤ちゃん一人分程度)が双子妊娠の場合の目安となります。
 
計算方法は、まず妊娠前の身長と体重から、BMI値を計算して割り出しましょう。

【BMIの計算式】 体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
 
このBMI値から割り出される、通常妊娠の場合の体重増加の許容範囲は

となります。

ここにプラス2~3kgをした数が双子妊娠の場合の体重増加幅の許容範囲となるのです。
 
こうしてみるととても多く増加するような気もしますが、妊娠中期以降はとても体重が増えやすく、少し食べただけでも増加していくようになります。もともと体重が増えやすい、太りやすいという人はもちろん、普段は食べても太らない体質の人でも妊娠すると体質が変わる場合がありますから、気をつけましょう。
 
妊娠中の体重管理は、妊娠前の体重が少ない人は体重を増やし、肥満ぎみで体重が多い人ほど体重増加を抑えなければならないので、妊娠中の体重管理はとても大変なのです。体重が増えすぎると様々なリスクが伴ってきますから、医師の指導のもと、体重管理をおこなっていきましょう。
 

双子妊娠のリスク

 
通常の妊娠でも体重増加がすぎるとリスクが伴ってきますが、双子妊娠の場合はどうなのでしょうか。

体重増加幅の差はもちろん、おなかに赤ちゃんが2人育っているわけですから、注意するべきことやリスクの差が多少なりとも出てきます。

妊娠中の体重の増えすぎはもちろん注意すべき点です。それ以外にも双子妊娠だというだけでもでてくるリスクがありますから、体重増加とともに健康管理をしましょう。
 

お腹が大きくなる

 
これは妊娠すれば誰しも大きくなるのですが、双子妊娠となるとお腹の大きさにも差がでてきます。お腹が大きくなることに伴った転倒や妊娠線の発生率などにさらされるリスクは以下のようなものです。

通常妊娠では腹囲が臨月になると90cm程度にまでなりますが、双子妊娠では100cmを超えてくることがあります。もちろんお腹の赤ちゃんの大きさにもよりますが、双子でも大きめの子だと腹囲も大きくなります。

妊娠後期になると靴下をはけない、足の爪を切ることができない、靴をはけないなどの身体的に不自由になるリスクを伴います。料理や洗い物などの家事をする際、お腹をかばうので前かがみになったりして、腰痛になってしまう妊婦さんもいます。

お腹で足元が見えなくなったり、バランスがとりづらくなったりするので、歩くときには注意が必要です。

お腹が重くなって辛い場合は腹帯をしたりして、不快感を少しでも軽減しましょう。妊娠線も早めにできやすいので、双子妊娠だと分かったら早めにケアしていきましょう。
 

流産・早産のリスクが高まる

 
双子妊娠の場合は、子宮が大きくなるスピードが早いためにお腹が張りやすくなります。そのため、早産や切迫早産のリスクが通常妊娠の約9倍にまで高まるといわれているのです。状態によっては出産前から入院をして様子を見たりするケースも多いです。

また、どちらかが流産となってしまう可能性もあったり、母体や胎児の負担が増えて早産にもなるリスクが高いといわれています。

一方に障害が出てしまったり、発達が均等でないなどの可能性も出てくることもあるうえ、出産は、通常分娩だと難しい場合が多いので、帝王切開での出産になる事が多いです。
 

低体重児が産まれやすくなる

 
1人の母親のお腹の中で2人の赤ちゃんが育つので、低体重児で産まれるケースが多くなります。
その確率は双子妊娠の場合の7割程度にまでなるほどです。

双子の場合、2500g以下で産まれることが多いですが、今の日本では医療の発達により低体重児でも助けることができるようになっています。低体重で産まれた赤ちゃんはNICUなどで入院をして、赤ちゃんの状態に合わせて処置をおこなうことができるようになりました。

双子だと低体重児にならないかと心配しすぎないで、妊娠中は健康管理をきちんとすることが大切です。
 

双子妊娠中の健康管理のしかた

 
双子妊娠のリスクが多くて心配になった人もいるかもしれませんが、過度な心配はしないようにしましょう。心配のしすぎもストレスのもとですから、医師の指導のもと健康管理をして、体重の増えすぎに気を付けるようにします。

そのための努力は必要ですが、母子の健康を考えたら頑張ろうと思えますよね。

でも、妊娠中の健康管理のしかたはどんなものなのか知っておきたいという人のためにも、どんな健康管理をしたら良いかを見ていきましょう。
 

栄養バランスの良い食事をこころがける

 
これは双子妊娠だけに限らず、妊娠中は特に気を付けたいことです。
栄養バランスが悪いと体重増加の原因にもなります。

双子妊娠中は体の負担が通常妊娠よりも多いです。血管やさまざまな器官への負担がかかるうえ、赤ちゃんへの栄養も2人分必要になってきます。とはいえ、双子の赤ちゃんのために2人分たべなきゃ!と食べ過ぎてしまうことも良くありません。

この状態でカロリーや栄養バランスに関係なく食べて体重が増加しすぎてしまうと、母体への負担が過度にかかったり、必要な栄養素が母体と赤ちゃんに行きわたらない可能性も出てきます。

また、双子妊娠中は鉄分の摂取をこころがけるようにしてください。通常妊娠でも貧血には注意が必要になりますから、鉄分を摂取して貧血を予防することは意識していきましょう。

もちろん、鉄分以外にもカルシウムやビタミンEをはじめ、バランスの良い食事が必要となってきます。毎日の食事は妊婦さんのためのレシピなどを参考にしたり、食べたものや体重を記録したりして管理する方法もあります。

食事だけで栄養を補うことが難しい場合は、妊娠中でも服用できるサプリなどもあります。ただし、妊娠中に薬を飲まなければならない場合は、サプリの服用は医師の指示に従ってくださいね。
 

入院にそなえる

 
双子妊娠のリスクの一つに、早産の可能性が高くなることをあげましたが、双子妊娠中はいつどんな変化がおきるのか分かりません。急に検査入院になったりすることもありますから、入院ができる準備を少しでもしておくと、急な予定変更も楽になります。

普段から母子手帳や保険証、診察券は持ち歩くと良いでしょう。
 

無理をしたり、過度なストレスをためない

 
妊娠すると急な体調変化が起きることがあります。お腹もどんどん大きくなっていきますから、無理は禁物です。お腹の張り、疲れやストレスから体調をくずしてしまってはいけませんから、無理をしないようにしましょう。

ただし、体重管理のためにも適度な運動は必要です。

ストレス解消のためにも、ウォーキングなどの適度な運動をしましょう。疲れたときは家の中で好きな音楽を聴いたり読書をしてリラックスすることも良いですね。
 

体重管理をこころがけて健康管理を

 
双子妊娠の体重管理は大変かもしれませんが、赤ちゃんとママが安心して出産ができるようにするためです。
いつもの生活よりも意識をして取り組んでみてください。

出産した後に「頑張って体重管理をして良かった!」と思えるような妊婦生活を送ってくださいね。
 



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ