おすすめバウンサーは西松屋のリファイン!

 【妊娠線クリーム】NOCOR




買ってよかった出産準備品、赤ちゃん用品

商品名:ドットベビーバウンサー リファイン
メーカー:西松屋
値段:7978

バウンサーは買っておいて大正解のアイテムのひとつでした。色々なメーカーから、色々なバウンサーが出ていますが、西松屋のものはオリジナルなので、お値段も一万円以下でとてもリーズナブルなのですが、デザインもよく、機能的なので、選びました。クマのぬいぐるみや、メリーのようなものが、ついていて、赤ちゃんを置くとちょうど、頭上といいますか、目線の上にぬいぐるみがいてくれます。赤ちゃんはそれを見て喜んでいました。

赤ちゃんは、ずっと、ふとんやベッドに置いておかれるのが退屈なのか、ママが近くにいないと不安なのか、嫌がります。いくら赤ちゃんは、泣くのが仕事といっても、ずっとグズグズ泣いていられると困ってしまいますね。お腹が空いた、おっぱいをあげる、おしっこうんちでお尻が気持ち悪い、おしめをかえて…というサインで泣くのは当然、仕方のない事ですが、さみしい!つまらない!という理由で泣くときもあります。

泣いているのはかわいそうなので、すぐに抱きかかえますが。かといって、ずーっと抱っこしているわけにもいかず…腰や肩が痛くなってしまいます。
姿勢も前傾姿勢なので、腰痛の要因となってしまいそうですね。

そんな時、赤ちゃんをバウンサーの上に置いてみると、とってもご機嫌でした。 ゆらゆら反動で揺れるのも、心地よかったのだと思います。目線が高くなるので、赤ちゃんも安心できますね。お母さんは、お料理をしたり、お洗濯をしたり、いろいろと、家事ができます。トイレに行く時間もないくらい忙しい毎日ですからね。ベルトで固定されているので、落下の心配もそんなには気にしなくて大丈夫と思います。

おっぱいやミルクを飲ませた後の、ゲップをさせるのが、コツが必要で、慣れるまで、なかなか難しいのですが、バウンサーに座らせるだけで自然と、背中が立つので、ゲェッとゲップが自然と出るようになりました。

成長が進み、寝返りが出来るようになり、ハイハイも上手でよく動けるようになってくると、今度はバウンサーから脱出しようとします。そうなると、今度は使い方が変わりました。リクライニングをあげて、お食事の時の椅子として活用しました。そうする事によって、3歳くらいまでは、割と長く使えたので、重宝しました。

うちは一人っ子ですが、2人、3人のお子さんがいるお家では、特にお風呂の時に、いったん、置いておくと、スムーズに入浴ができて、お母さんのストレスがだいぶ減るようでした。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ