父親用トンガベビーホルダー選んだ理由と口コミ

 【妊娠線クリーム】NOCOR




商品名:トンガベビーホルダー
メーカー:トンガ
値段:4000円から

トンガベビーホルダー

人気のフランス生まれの抱っこひものトンガは、肩から斜めにかけるだけで簡単に使える抱っこひもの一種です。小さくたためるので、持ち運びやすさもあります。価格としては4000円くらいからあるので、お手頃な価格となります。首が据わっている赤ちゃんから、15kまでの子供まで使うことができます。素材は綿100%なので、敏感な肌の赤ちゃんや子供に安心して使えますし、すぐに選択もできます。

選び方のポイント

トンガの選び方のポイントは、トンガ自体身長で選ぶものなので、ママとパパが身長が同じくらいだといいのですが、違うと使いづらかったりするので、トンガはパパ用に購入する方も多いみたいです。色のバリエーションもとっても豊富なので、きっと好みの色がみつかると思います。

トンガのメリット

トンガのメリットとしてはまずは、持ち運びしやすい点だと思います。ベビーカーのお出かけの時に、外出時に子供はだっこをせがむこともあります。そういう時に抱っこひもを持ち運ぶにはかさばってしまうので、トンガですと、バッグにすぐ入れやすいですし、軽量で、かさばらないのでとっても重宝します。次は、抱っこしていても動きやすいという点です。トンガは抱っこしていても伸縮性があり、手で支えてあげながらだっこをサポートしてくれるので、抱っこしてのおでかけも身軽にできることになります。

また、トンガはだっこしていてもムレにくいというのがいい点です。

赤ちゃんや子供は体温が高く、汗をかきやすいです。抱っこしていると尚更密着しているので、お互い汗をかいてむれてしまいます。トンガの場合は綿100%ということもあり、通気性に優れています。また密着している箇所がそこまで多くないため、そこまでむれやすいことはないのです。

あとは素手で抱っこしているのと同じような感覚になるというところです。トンガはだっこを補佐するような機能をもっているので、普段のだっこをサポートするような感じで使うことができます。なので普段の抱っこしているよりは、抱っこがしやすくなり、身軽に動くことができます。腰ベルト付きの抱っこひもとは安定感が違いますが、持ち運び用やちょっと近所まででかけるときなど、トンガはとても重宝します。

トンガは腰ベルト付きの抱っこひもよりは、価格が安いです。腰ベルト付きの抱っこひもは1万円前後しますが、トンガは5000円未満で購入することができます。サブの抱っこひもとしても重宝すると思います。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ