農薬は妊娠中に避けるべき!発達障害との関係


妊娠中は、ママが摂取したものがへその緒を通して赤ちゃんにも取り込まれます。
食べたものの栄養素はもちろんですが、ママが体に良くないものを取り入れると赤ちゃんにも取り込まれてしまうので注意が必要です。

妊娠中に避けるものの一つとして、農薬があげられます。農薬は体に良くないとは知りつつも、野菜や果物には付着しているので、知らず知らずのうちに摂取していることはご存知かと思います。

普段の摂取はもちろんですが、特に妊娠中の農薬は発達障害などのリスクがあるといわれているので、赤ちゃんのためにも避けるようにしましょう。

今回は、気になる妊娠中の農薬と赤ちゃんの発達障害との関係についてお教えします。

発達障害、自閉症とは?

妊娠中に心配なのが、農薬などの摂取による発達障害などの可能性です。

自閉症は広汎性発達障害に分類される発達障害の一種で、脳の構造や機能に問題があるといわれています。

発達障害や自閉症の症状としては、以下のように分けられます。

相手の気持ちを理解することが難しい

・相手の言葉に対してオウム返しをする
・相手に笑いかけたり、目で合図を送ったりすることができない
・呼びかけをしても反応がない
・言われた言葉の理解ができない
・自分が置かれている状況を理解することが難しい

反復性の動作とこだわりの強さが見られる

・一つの物への興味、こだわりが強い
・やり方や手順へのこだわりが強い
・体や手足を動かしたり揺らしたりしていることが多い

自閉症の遺伝の確率は低いですが、家系内で自閉症の人がいる場合は遺伝の確率がほんの少し上がるといわれています。

妊娠中の農薬と発達障害の関係は?

自閉症の発症時期は、胎児から3歳頃までといわれています。

それは、3歳までの小さい子供の脳や神経系は著しく発達する時期だからです。
その時期に神経毒性のある農薬などの影響を受けやすく、発達障害をはじめ、免疫力の低下、流産やがんの発症率の上昇などの可能性が高くなるといわれているのです。

ネオニコチノイド系農薬は、人体に影響がある可能性も

農薬といっても様々な種類がありますが、特に妊娠中の摂取に注意したいのが、「ネオニコチノイド系農薬」です。この農薬は非常にメジャーなもので、世界各地で使用されています。

おもに農業やガーデニングの農薬として使われているほか、シロアリ駆除やスプレー式殺虫剤など、幅広く使用されているのです。

このネオニコチノイド系農薬が使われるようになったのが1990年代初頭ですが、それとほぼ同時期くらいから、ミツバチの大量死が確認されるようになりました。ネオニコチノイド系農薬は害虫の神経を興奮させ続けて駆除する作用があり、その神経系への影響が人体にも同様に影響があるといわれています。

販売当初は、「害虫だけに作用して人体には影響が無い安全な農薬」として販売されていましたが、これまでに人体への影響があるとされる研究結果などがいくつか発表されてきているのです。

ネオニコチノイド系農薬の危険性とは?

ネオニコチノイド系農薬は、吸入や経口から人体に取り込まれます。また、皮膚に付着した農薬が体内に吸収されることもあります。

吸入で取り込まれるのは主に農業従事者が多く、散布する農薬が空気中に漂い、肺や粘膜などから吸収されます。経口での取り込みは残留農薬での摂取や、ごくまれに誤飲などでも摂取されてしまいます。

この中でも特に気を付けなければならないのが、残留農薬での摂取です。一度に摂取する濃度は低くても、水に溶けて作物に吸収されるので、洗ったからといって完全に落ちるわけではありません。ですから、残留性の高い作物を多量に摂取することによって被害が及ぶことがあります。

でも、農薬などには基準があるのでは?と思いがちですよね。実はその通りで、人が毎日摂取しても健康に影響しない範囲として、「一日摂取許容量」が設定されています。

これは欧米と比べてもほぼ同等の値になっているのですが、日本のネオニコチノイド系農薬の「残留基準」に関しては、他国と比べて非常に高く設定されているのです。残留基準とは、人が摂取しても安全とされている範囲のことです。

このため、基準が設定されているからといって安全だとはいいきれないのが現状です。

妊娠中の摂取から発達障害となるの?

ネオニコチノイドは、ニコチンと作用が似ています。タバコのニコチンの妊娠中の胎児や幼児への影響はご存知の人が多いと思いますが、ネオニコチノイドもニコチンと同様、胎児や幼児の発達に悪影響を及ぼすといわれています。

妊娠中の胎児や幼児の時期に有機リン系農薬の汚染を受けると自閉症やADHD(注意欠如多動性障害)の発症率が高くなったり、知的な発達障害などの影響があるとされていて、小さいときほどその影響力は高くなります。

発達途中の脳は毒物などから守る脳関門がじゅうぶんに発達していない胎児や幼児に作用するネオニコチノイドは、脳内に入り込みやすくなります。そして、通常に発達するはずだった神経回路などの形成に影響を及ぼし、自閉症やADHDなどの発達障害を引き起こす原因となる可能性があるのです。

これらのことから、農薬に関しては妊娠中から気をつけていかなければならないのです。

農薬を避ける方法とは?

妊娠中にに摂取をすると必ずしも悪影響を及ぼすわけではありませんが、このような危険性がある農薬をなるべく摂取したくないですよね。では、農薬の摂取を少しでも避けるにはどのような方法があるのかをみていきましょう。

重曹水で洗う

重曹で農薬を洗う方法は、アメリカなどでも行われています。

重曹での農薬除去の方法はとても簡単で、やり方は
1)ボウルに水をはり、小さじ2杯の食用の重曹を溶かす。

2)農薬除去したい果物や野菜を入れて、20〜30秒ほどで引き上げて、流水で洗い流す。

とても簡単ですが、水で洗うだけよりも農薬を洗い流せます。

キャベツなどは一番外側の葉を取る

キャベツやレタス、白菜などの葉が重なっている野菜は、外側の葉ほど農薬の残留濃度も残留時間も多くなります。そこで、外側の葉を取り除くことにより、食べたい野菜の農薬の濃度を減らすことができるのです。

50℃のお湯で洗う

沸騰したお湯と水を同量混ぜることによって、50℃のお湯を作ることができます。このお湯で野菜や果物を洗うと農薬を除去できるだけでなく、野菜がシャキッとするといわれています。

ただし、43℃を下回ると雑菌が繁殖し始めるので、50℃で洗う際には温度管理が重要になってきます。

ベジセーフで洗う

上記の方法で農薬を除去しても、水で洗うだけよりは多く落とせるというだけで、よりしっかりと農薬を除去したい人には「ベジセーフ」がおすすめです。

ベジセーフは霧吹き状のスプレーを野菜や果物に吹きかけるだけで水や重曹よりはるかに農薬を除去できるということで、自然派思考の人をはじめ、農薬が気になる妊婦さんやママさんに注目されている商品です。

ベジセーフの安全性に関しては、公式サイトにてこのように答えられています。

Q.ベジセーフは安全なの?

A.はい、小さなお子さまのいるご家庭でも安心してご利用いただけます。
(24時間パッチテスト済み)

ベジセーフは0.1%以下の炭酸カリウムを用いてPH をアルカリ性にした99.9%純水のアルカリイオンです。ベジセーフの安心のポイントは炭酸カリウムを使用していることです。

炭酸カリウムは植物の灰分中に含まれるもので、指定添加物に指定され豆腐やこんにゃく、麺の冠水として日常的に使用されています。従来のアルカリの製造※1と異なり、炭酸カリウムを使用することで、塩濃度が0になります。そのため化学火傷といった皮膚刺激がない中で、アルカリの特性がある洗浄水なのです。
出典:http://n.vegesafe.jp/より

農薬除去を徹底したい妊婦さん、ママさんも、ベジセーフで安心・安全な食卓にしてみませんか?

農薬の危険性を知って赤ちゃんを守ろう

農薬の危険性についてはまだ日本では規制が甘い部分があり、小さい子どもをもつ親や妊娠中にママさんはとても心配かと思います。

野菜をおいしく食べるために必要な農薬ですが、その危険性も知っておき、農薬の少ない有機野菜や農薬除去などで不必要な量の摂取を防ぎ、赤ちゃんや子どもを守っていきましょう。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ