妊娠5ヶ月から始めよう!妊娠線対策保湿ケア




今までは大して変化のなかったおなかも、妊娠5ヶ月を過ぎたら一気に膨らみ始めます。
そうなったら妊娠線ケアのスタートのサイン。後々後悔しないためにも、しっかりとケアしていきましょう。
妊娠5ヶ月から始める妊娠線対策、どこに気を付ければいいのでしょうか。

妊娠5ヶ月からの妊娠線対策、保湿を丁寧に

妊娠中に急激におなかが大きくなると、一気に伸びる表皮に追いつかず、表皮の下の組織がひび割れ始めるのが妊娠線の原因。

必要以上に太りすぎないことが一番ですが、それにプラスして妊娠5ヶ月あたりから妊娠線用の保湿クリームを使い始めましょう。

妊娠中の女性は、自然と体に脂肪を蓄えてしまうもの。知らず知らずに体中に脂肪がついて、丸みを帯びた体つきになってきます。
ですから妊娠線ができるのはおなか周りだけとは限りません。乳房やおしりにできる人もいますから、気になる部分はすべて保湿をしておきましょうね。

妊娠5ヶ月ではなく、妊娠線が一番増えるのは臨月!生まれるまで手を抜かずに

あまり知られていないことですが、妊娠5ヶ月ではなく臨月に入ってからが、妊娠線が一番増える時なのです。

産まれる間際の妊婦さんのおなかははちきれんばかり。皮膚組織がひび割れて、妊娠線が増えるのも無理のないことですよね。
妊娠5ヶ月からの妊娠線ケア、臨月近くなると体も重いしだんだんといい加減になってきがちです。
でもうっかり妊娠線が増えてしますと後悔しますよ。
出産前日まで手を抜かずにしっかりとやっておきましょう。

一度出来てしまった妊娠線は、一生消えることはありません。
妊娠5ヶ月からの妊娠線ケア、手を抜かずにしっかりとやっておきましょうね。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ