妊婦抱き枕+授乳クッション4WAYでおすすめ商品とは?

 【妊娠線クリーム】NOCOR




商品名:エールべべ
メーカー:GYUTTO 4way 抱き枕
値段:8500円

妊娠・出産に関連する雑誌やネットの情報から、産前は抱き枕として、産後は授乳クッションとしてなど4通りの使い方があるのが魅力的でこの商品を購入しました。

私はベビー用品専門店で購入しましたが、抱き枕がいくつか置いてあるなかでこの商品が一番シンプルで部屋に馴染みそうだと思い、選びました。

買った当初はまだ妊娠5ヶ月頃だったので、お腹もそんなに大きくなく、本当に抱き枕として使うかどうか半信半疑でした。部屋の中でも場所を取るし、シンプルなデザインとはいえ、かなりの存在感です。

しかし、妊娠7ヶ月頃からお腹が大きくなり仰向けで寝るのがだんだんしんどく、横向きでこの抱き枕を抱いて寝ると楽に寝れました。日中少し疲れた時は、抱き枕としてではなく、くつろぎ枕として背中側にあてるクッションとして使用しました。

なかなか寝付けないときに、このくつろぎ枕にすることで寝れたこともありました。

また、お産入院の際、産後の授乳クッションとして使うだろうと思い持参しましたが、別の意外な使い道がありました。それは円座クッションとしての利用です。

産後、おしりの傷口の痛みがあり、なかなか病院のソファやベッドにそのまま座ることができませんでした。病院で用意された円座クッションもありましたが、私には固いと感じ、この商品を病院のソファの上にのせて座っていました。傷口が当たることなくとても重宝しました。

今は授乳クッションとして使っていますが、使い心地もとても良いです。

衛生面でもおすすめポイントがあります。それは、カバーを外して洗えること。抱き枕として使っているときもそうですが、授乳クッションとして使うとミルク汚れや汗の臭いなどが気になりますが、カバーが洗えるので衛生的です。

赤ちゃんがお座りできるようになったらお座りサポートとしても使えるようです。そのための小さい枕がついており、こちらはカバータイプではないですが、そのまま丸洗いできるようです。

最後のおすすめポイントは値段です。出産の準備にはそれなりにお金がかかってきますので、なるべく効率よく賢いお買い物をしたいですよね。この商品の値段は使い道の多用さから考えるととってもお得だと思います。

特に、円座クッションは別で購入しようかとも考えていたので、その使い道ができた事はとても良かったです。

今後、子供が大きくなってきたら寝るときに布団からはみ出さないように布団の端にゲートとして置こうと思っています。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ

ツールバーへスキップ