母乳育児をするために搾乳器 ママらくハンドαを購入して?

 【妊娠線クリーム】NOCOR




商品名:搾乳器 ママらくハンドα
メーカー:カネソン
値段:3000円程度

電動の搾乳器は値段が高いが、手動だとお手頃価格のため、ずっと何年も使うものではないため、こちらの手動の搾乳器を選びました。

こちらは通っていた産婦人科の病院で取り扱いもあったため、数ある搾乳器の中からこちらを選びました。

搾乳器は購入しようか迷ったものでもありましたが、搾乳したものを夫が哺乳瓶で授乳できたり、一時的に預けることになった場合に、搾乳しておいた母乳を飲ませることができるのを魅力に感じ、購入しました。

実際には出産してから少したった時から、おっぱいが張ってしまい、痛くて搾乳器なしでは過ごせませんでした。

赤ちゃんが小さい時は飲む量も少ないので、赤ちゃんが飲んだ後にも搾乳しないと痛くて横になるのも辛かったです。

搾乳器は、手で直接搾乳するよりも、簡単でやりやすく、きちんといろんな方向から搾乳できました。

何度か手で直接搾乳したこともありましたが、あまりうまくできず、出なくなってからも搾乳器を使って念のためやって見るとまだまだ母乳が出ました。

母乳がずっと残ったままにすると乳腺炎の危険性もあるため、乳腺炎予防にも効果的だと思います。

私は出産後、赤ちゃんがおっぱいをうまく飲めず、助産師さんと試行錯誤の繰り返しでした。

哺乳瓶は嫌がって飲まない、とは聞いたことがありましたが、お母さんの乳首にうまく吸付けない子もいることを初めて知りました。

初乳が出てきた頃もうまく飲めなかったので、搾乳したものを哺乳瓶であげていました。

初乳は特に栄養や免疫の面でも赤ちゃんにとっていいものなので、ミルクではなく、初乳を赤ちゃんに飲ませることができて本当によかったと思います。

また、搾乳した母乳を、主人も哺乳瓶を使って赤ちゃんに飲ませることができて、喜んでいました。私としても、主人が幸せそうに赤ちゃんに哺乳瓶で授乳しているのを見ると幸せな気持ちになりました。

美容院に行く時など一時的に預ける時に、搾乳した母乳を冷蔵庫で保存しておき、温めてあげてもらうこともできたので、その点でもよかったと思います。

冷蔵庫だけではなく、専用の保存用のバッグを買えば、冷凍保存もできるので、その場合は1週間くらい保存できるため、もしもの時に良いと思います。

私は一応冷凍用の保存袋も買って、持っています。冷蔵だと1日しか持たないため、これから何かあった時に、どうしても預けなければならない時、また授乳する場所がない時などに便利だと思います。

搾乳器は本当に買ってよかったです。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ