新生児からAKOAKOスリングで家事洗濯授乳に便利でした!

 【妊娠線クリーム】NOCOR




商品名:AKOAKOスリング
メーカー:AKOAKO
値段:ショップによって5000〜7000円

新生児から使えるAKOAKOのスリングタイプの抱っこ紐がオススメです。

新生児から生後3ヶ月半くらいまでの期間、抱っこの際に変なところに力が入っていたことと、娘が大きめだったこともあり、腱鞘炎に悩まされていました。
手首を使う時が特に痛くて、日常生活にも支障が出ていました。

また抱っこでないと寝ない、完全に抱き癖がついた状態で常にヘトヘト、育児ノイローゼ寸前でした。
家事がしたくてもなかなかできない、トイレすら行けない。日中は少しの物音でも敏感に起きてしまうので、自分の食事を作り食べることもままなりませんでした。

そこで子育ての先輩である姉に勧められたスリングを試してみたところ、驚くほど抱っこが楽になり、娘もよく寝てくれるようになりました。

このスリングを使うと両手が空くので多少の家事をすることもでき、今までのストレスが軽減。何ならこのままトイレにも行ったり食事もとっていました。
ぐずった時にもささっと抱っこすることができるので、不思議と泣き止んでくれ、いつの間にか寝てくれていました。

スリングはお腹にいた時のように包み込まれCカーブになるので赤ちゃんは安心できるようです。
スリングで寝てくれた場合はそのまま授乳クッションにゆっくりと置いてCカーブのまま寝かし付けたりもしていました。

中でもAKOAKOスリングは綿100%で洗濯機で洗濯を簡単にすることができます。
赤ちゃんは汗をかきやすいですし、そのまま家事をすると汚れることも多かったので、清潔に保つことができました。

色柄も豊富でお好きなデザインが選べるのですが、表と裏の柄を選びオリジナルにすることもできます。

またサイズを調整するところはないですが、体格差のある私と主人でもそのまま一緒に使うができたので大変便利でした。
エルゴベビーなどはアダプトを使用すれば新生児でも使用できるようですが、対面抱きだとやはり脱臼が心配ですし、早いうちでの長時間の縦抱きはあまり良くありません。
また主人と併用しようと思うとサイズ調整が必要な為、手こずる時間ができてしまいます。

その点スリングだと、装着はとても簡単で泣きぐずる暇なく抱っこがさっとでき、自分自身のストレスも軽減できました。

また適度な横抱きを保つことができ、首が座っていない状態でも安心できます。

とくに生後3ヶ月までの間が1番抱っこの時間が多かったので、本当に大変でした。
初めての育児と産後の体への負担と、本当にしんどい時期です。
毎日抱っこが辛くて、腱鞘炎や腰痛肩コリに悩まされているお母さん達にぜひオススメしたい商品です。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ

ツールバーへスキップ