エッグショック付ホワイトレーベルチャイルドシートにした理由

 【妊娠線クリーム】NOCOR




商品名:ホワイトレーベル クルムーヴ スマート ISOFIX エッグショック JG-600
メーカー:Combi
値段:60,000(税抜き)

郊外に住んでいるので、日常生活が車を使っての行動になります。その為、病院を退院する日から必要であり、その後も使う機械が沢山あることからなるべく赤ちゃんに負担が少ないようなチャイルドシートを探していました。

私たちのチャイルドシートは、新生児から使えることが必須条件でした。お店に行くと様々なブランドのチャイルドシートが並んでいましたが、エッグショックというものに魅かれました。エッグショックは、卵を落としても割れない、柔らかい赤ちゃんの頭が守られるそうです。エッグショックと言ってもたくさんの種類がありましたが、「お母さんの口コミナンバーワン」という言葉がきっかけでこのチャイルドシートにしました。

360度回転することで私自身が赤ちゃんを乗せやすく、リクライニング機能があるので赤ちゃんが寝やすいかなと思いました。シートベルト式ではないので、ちゃんと装着できる車か確認しないといけませんが、ちょうどあったのでこれにしました。

色合いもかっこよかったのでよかったです。新生児から4歳まで使えるそうなので、買い換える必要がないかと思い、少々高めでしたが良いかなと思いました。
チャイルドシートは赤ちゃんにとって、ストレスになるらしいですが、これはそのストレスが軽減されるそうです。車をあまり乗らないならいいですが、頻繁に乗ることになるのでストレスにならないチャイルドシートがいいかと思っていました。
最初の頃は、つけ方がわかりませんでしたが、一度コツをつかむととても簡単に付けることができます。私自身、身長が150センチ少しですが一人で持ち運びでき、付けることもできます。座席にフィットさせることができるので安心して運転する頃ができます。

クッションみたいのもやわらかく、フワフワしてるので居心地はいいんじゃないかなと思っています。まだ赤ちゃんが小さいのでリクライニングで使っていますが、ドライブしているとスヤスヤ寝てしまうこともあります。
平で動かないお家のベッドより、ぐっすり、早く寝てくれることもあるので、寝かせるためにドライブに行ったこともあります。(おうちに着いた時、起こしたくなくなりますが。)

少し大きめなので、小さい車だと前の席が少し狭くなってしまうかもしれません。また、古い車の車種だと付ける金具がないのでシートベルトでなんとかつけたことがあります。
安全ではないので、その時は、誰かが隣でチャイルドシートを支えてる状態でした。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ