正中線はいつからできる?消えないって本当?

 【妊娠線クリーム】NOCOR




妊娠するとお腹にできるといわれている「正中線」。お腹のおへそ付近の真ん中に、縦に出る薄い線のことをいいます。

そもそもどうしてこんな茶色い線ができるのか気になりますよね。消えないという話も聞くので、不安になる妊婦さんもいるでしょう。

そもそも正中線とは何なのか、できる原因や消える時期、消えないといわれる理由など、正中線について詳しくお教えします。

正中線とは

正中線は、実は年齢や性別に関係なく、生まれつき誰にでもあるものです。お腹の中心に縦に出る線で、色は茶色の人もいればグレーの人、紫がかった人もいますが、目立つか目立たないかは個人差があり、妊娠すると目立つ人が多いことから、妊娠するとできるといわれています。

「妊娠するとできる線」と聞いて妊娠線と勘違いする人もいますが、実は妊娠線とは別物です。

妊娠線は、お腹が急激に大きくなることに皮膚が耐えきれず、肉割れを起こしたりするもので、一度できてしまうとある程度目立たなくはなるものの、確実に消えることはなく残ってしまいます。

正中線はお腹の中心のみに現れますが、妊娠線はお腹全体に現れます。触った感触も違い、妊娠線はボコボコとしていますが、正中線は変化がありません。そして、妊娠線に比べて正中線は消える可能性がある線なのです。

正中線ができる原因

正中線は、お腹の中で胎児が細胞分裂をする際の名残です。正中線が目立つかどうかはメラニン色素の強さで差がでてきます。メラニン色素が成長する過程のホルモンバランスの変化で強く出ると、正中線も目立ってしまうのです。

ここでいうホルモンバランスとは、「エストロゲン」と「プロゲステロン」のことをいいます。エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれていますが、もう一つのプロゲステロンは黄体ホルモンです。

このプロゲステロンがメラニン色素を作り出す原因で、主なはたらきは基礎体温を上げて妊娠しやすい体にしたり、子宮内膜の血流などを整えて着床しやすい体にする、乳腺の発達などの妊娠や出産には欠かせない、とても大切なはたらきをしてくれています。

とても良さそうに思えるプロゲステロンですが、実はメラニン色素を作り出すはたらきもあるのです。妊娠すると乳首が黒くなったりシミができやすくなるのもこのためで、妊娠してプロゲステロンが増加すると正中線も濃くなっていきます。これが完全に元に戻らないことがあるので、消えないといわれるのです。

正中線はいつからできる?

妊娠中のプロゲステロンのはたらきでできる正中線は、妊娠20週前後から出る人が多いです。

受精卵が着床すると、妊娠を維持するために様々なホルモンが分泌されたり、逆に分泌されなくなるホルモンも出てきます。プロゲステロンは乳腺を発達させるなどの役割がありますから、妊娠したら出産までずっと分泌され続けます。

妊娠16週くらいからは胎盤からもプロゲステロンが分泌し始めるので、ホルモンの分泌を開始した数週間後くらいから症状が現れてくるといわれていますが、あくまでも個人差。早くから目立つ人、遅くから目立った人、全く目立たなかった人もいますから、目安ととらえるくらいにしておきましょう。

正中線は消えないの?

原因が分かったところで、出てしまった正中線は消えないのか、とても気になることでしょう。一般的には、出産するとメラニン色素が多量に作られることはなくなるので、ホルモンバランスが落ち着いてくる産後半年から1年くらいで元に戻る人が多いです。

ただし、これも個人差が大きいです。メラニン色素が大量に作られてしまって、ある程度は薄くなっても、完全に妊娠前の状態に戻るかといわれると、そうとはいえません。

妊娠中にできたシミ、そばかすが消えないと悩むママもいます。これは産後の生活リズムや食事内容、加齢や体質などから肌のターンオーバーをする力が減ってしまったりするからです。
残念ながら、正中線が完全に消えない例はよくあります。

正中線の対処法は?

妊娠して濃くなるかどうかも分からないうえに、濃くなってしまった場合は消えないかもしれない正中線。
正中線を予防できたり、対処法などはないの?そんな人のために、ここからは正中線の対処法などをお教えしていきます。

保湿する

妊娠したら、妊娠線予防のために保湿をすると良いという話は聞いたことがあると思います。それと同じで、正中線も保湿することにより予防する効果があるといわれているのです。

妊娠線対策のクリームでも良いですし、市販の赤ちゃん用の保湿クリームなどでも良いですから、妊娠したら乾燥しないように毎日保湿しましょう。

ビタミンCを摂取する

正中線が濃くなる、消えないのはメラニン色素しわざ。そのメラニン色素を抑えるはたらきがあるのが、ビタミンCです。

ビタミンCを含む食材は、ピーマン、ゆず、アセロラ、パセリ、レモンが代表的です。また、ビタミンCのサプリ飲んだりするのも良いでしょう。

正中線専用のクリームを使う

目立ってしまった正中線を薄くすることを専用としたクリームも発売されています。正中線に特化した商品は、他の保湿クリームよりも効き目が期待できます。消えない正中線に悩む人は試してみましょう。

ただしこれにも個人差があるので、必ずしも目立たない状態になるまで薄くなるとは限りません。このクリームだけに頼らず、普段から他の対策もしてくださいね。

睡眠時間を確保する

新陳代謝を促すには、質の良い睡眠も不可欠です。入眠してから3〜4時間すると、肌のターンオーバーが活発になる「ノンレム睡眠」に入ります。熟睡できないと脳も休まらず肌の調子も逆に悪くしてしまうので、質の良い睡眠をとれるようにしてください。

妊娠中や赤ちゃんがいる場合、お世話などで眠れない時も多いでしょうが、深い睡眠ができる対策をしましょう。対策例としては

・寝る前のPCやスマホは控える

・落ち着く音楽でリラックスする。赤ちゃんもリラックスできる、胎教や赤ちゃん用のCDがおすすめです

・アロマなどの良い香りでリラックスする

・照明はなるべく暗くしたり、赤ちゃんがいる場合は間接照明などでリラックスできる空間を確保する

このように、特に難しいことはありません。リラックスできる空間を確保して、赤ちゃんのお世話の合間に少しでも深い睡眠をとれるようにしましょう。

バランスの良い食生活

メラニン色素抑制に効果のあるビタミンCですが、もちろんほかの栄養素もバランス良く摂取しましょう。食生活が整うと体調も良くなって、母乳の出も良くなります。

コンビニ弁当やファーストフードが多いと栄養はもちろん添加物も気になるので、なるべく手作りを心掛けて、食材は旬のものを幅広く取り入れた一汁三菜の和食がおすすめです。

ストレスをためない

妊娠中の不快感や体重管理のストレス、産後の育児ストレスなど、妊娠・出産をすると様々なストレスを感じるようになります。

ストレスは万病のもと。まずは上記のように質の良い睡眠と、バランスの良い食生活をとって体の疲れを減らし、家事や育児の合間には無理をしないで休憩しましょう。
家事も育児も、頑張りすぎなくても良いです。完璧にやろうとせず、少し許容範囲を広げてくださいね。

消えない正中線の気にしすぎはNG!

妊娠、出産すると妊娠前の体とは違う点がいくつか出てきます。正中線をはじめ、お腹の皮が伸びてたるんでしまう、シミが増える、妊娠線ができてしまう…

女性として美容面に変化があると気になってしまいますよね。でも、正中線は対策をすれば元にもどる可能性があります。

妊娠したらまずは生活習慣と体質を改善して、正中線の予防、対策効果のあることを試してみてください。やらないで後悔するのではなく、できる限りのことをしてみましょう。
そして、消えない正中線は妊娠・出産をした証です。あまり気にしすぎないで、赤ちゃんを産んだ結果だということも忘れないようにしてくださいね。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ