糖負荷試験にひっかかった妊婦の食事方法は?

 【妊娠線クリーム】NOCOR





妊娠すると、必ず「妊娠糖尿病」の検査を受けることになります。

糖負荷試験にひっかかった場合、妊婦さんでも食事方法に制限がかかることがあるのです。

糖負荷試験にひっかかった妊婦さんの食事方法はどのように制限されるのでしょうか。

妊娠糖尿病の疑いがある妊婦さんはもちろん、これから妊娠を考えている人、現在妊娠中の妊婦さんも、妊娠糖尿病について知っておきましょう。

妊娠糖尿病とは?

「妊娠糖尿病(GDM)」は、妊娠するまでに糖尿病を発症していない女性が、「妊娠して初めて糖代謝異常を発症する」ことをいいます。

ちなみに、妊娠前から糖尿病である場合は「糖尿病合併妊娠」といい、妊娠糖尿病とは別の症状となります。混同されがちですが、別のものなのです。

糖の代謝異常なので、糖尿病とは診断基準が異なりますが、妊娠中は少しの糖代謝異常がお腹の赤ちゃんに大きな影響を与えてしまうため、早期発見と早期治療が大切となります。

妊娠糖尿病の原因とは?

では、妊娠糖尿病はどのような原因でなるのかをみていきましょう。

まず、ホルモンバランスの影響です。妊娠すると、胎盤からエストロゲンとプロゲステロンなどが分泌されます。すると、そのホルモンの影響でインスリン作用が小さくなってしまうのです。

インスリンは、食事後の血糖値を下げ、ブドウ糖を細胞の中に取り込む働きをしてくれます。
このインスリンの作用が小さくなってしまうと、ブドウ糖が血液中にたまってしまいます。この状態が続くことを「糖尿病」というのです。

妊婦さんの体内では、お腹の赤ちゃんにもブドウ糖を送っています。しかし、それが足りなくなるとその不足した分を妊婦さんの脂肪から送られることになるのです。すると、体が飢餓状態と認識してしまい、妊娠糖尿病が起きやすい体になってしまうということも、原因の一つです。

妊娠するとホルモン分泌と代謝のバランスが崩れてしまいます。

妊婦さんは胎盤からたんぱく質を分解する酵素が分泌されますが、その酵素がインスリンまで分解してしまったり、ホルモンバランスの乱れからインスリン抵抗性(インスリンの働きが悪くなる)の状態を作ってしまうことになるのです。

妊婦さんは、このようなことが原因で妊娠糖尿病になることがあります。
また、もともと糖尿病になりやすい体質である人は、妊娠すると妊娠糖尿病になる可能性が高くなります。

妊娠糖尿病になりやすい人

では、妊娠糖尿病になりやすい人とは、どのような人なのでしょうか。

妊娠糖尿病は先ほど説明したように、妊婦さんのホルモンの分泌やホルモンバランスの影響などから発症するという原因が分かっていますが、特に発症しやすい妊婦さんもいます。

妊娠糖尿病になりやすい人とは

これらの条件に当てはまる人は、妊娠すると妊娠糖尿病となりやすくなります。

妊婦さんは皆、検査をすることになっていますが、妊娠糖尿病になりやすい人は特に注意しましょう。

肥満の人や35歳以上の人などは年々増えていますので、ハイリスクであると診断されると、通常は血液検査から段階を追って検査するところを、最初から高い段階の75g糖負荷試験から始めることもあります。 

妊婦さんの糖負荷試験の方法

では、糖負荷試験はどのような検査方法なのでしょうか。

日本産婦人科学会は、全ての妊婦さんの妊娠糖尿病のスクリーニングを推奨しています。

通常は採血をして血糖値をはかる方法ですが、妊娠中期以降の妊婦さんはインスリン抵抗性が上昇する傾向があるため、経過を見て50g糖負荷試験なども行います。その検査で陽性が出た場合には、さらに上の段階の75g糖負荷試験を行っていきます。

そもそも「糖負荷試験」とはどのような検査なのでしょうか。簡単に言うと、「意図的に血糖値を上げてインスリン抵抗性を調べる検査」です。

75g糖負荷試験は、検査当日は空腹の状態で行います。

糖分を摂取することによって血糖値が上がり、1時間後、2時間後にどれだけ血糖値が変化しているかを見ることによって、インスリン抵抗性がどの程度なのかを知ることができるのです。

検査当日は、前日の夜までに食事を済ませ、当日は水分も朝食もとらずに行います。まずは空腹時の採血をして、ブドウ糖が入った炭酸水を飲み、体に糖分を吸収します。

そして、その30分後、1時間後、2時間後に採血を行い、血糖値を調べるという方法です。

糖負荷試験にひっかかった場合の食事方法

妊娠糖尿病、糖負荷試験について分かったところで、糖負荷試験はに引っかかった場合の食事方法についてみていきましょう。

妊娠糖尿病と診断されると、食事療法で血糖値をコントロールしなければなりません。しかし、通常の糖尿病とは違い、「妊婦さんである」ということが追加されるのです。

妊娠糖尿病の場合に気を付けなければならないことは、

などが重要視されます。

妊娠中は赤ちゃんと妊婦さんの健康はもちろんですが、産後の回復や母乳の出を良くするためにも栄養管理が重要となってくるのです。

食事をして血糖値が上がると、通常ならブドウ糖をエネルギー源として使用しますが、妊娠糖尿病の場合にはブドウ糖が使えなくなるので、脂肪をエネルギー源として使用されます。

すると、「ケトン体」が発生します。ケトン体は酸性なので、血液中に増加すると血液が酸性になり、体調不良(ケトーシス)を起こしてしまうのです。しかも、妊娠中はその傾向が強くなるので注意が必要です。

ですから、肥満気味の妊婦さんは体重管理をしなければならないうえに、さらに糖負荷試験に引っかかってしまった場合には、過剰なエネルギー制限が禁物です。
通常の妊婦さんのエネルギー制限のおよそ30%程度に抑えなければならないのです。

一日あたりのエネルギー摂取量は、おやつ、夜食、食事回数を分けるなどして高血糖を防ぐことができます。空腹時にたくさん食べてしまうと血糖値が急上昇してしまうので、小分けにして少しずつ摂取するようにするのです。このような血糖コントロールでも不十分な場合には、インスリン治療が必要となってしまいます。

食事の量・カロリー管理

糖負荷試験で引っかかった場合はもちろん、妊娠中は体重管理でカロリーコントロールをしながらも、必要な栄養素は摂取しなければなりません。

非妊娠時の一日に必要な総摂取カロリーの計算方法は、非妊娠時の標準体重(身長m×身長m×22)に、妊娠初期は+50kcal、妊娠中期は+250kcal、妊娠後期は+450kcal、授乳期は+350kcalをすることによって、妊娠中の一日に必要な総摂取カロリーを求めることができます。

ただし、妊娠前から肥満気味の妊婦さんは、必ずしもこのカロリーを守る必要はありません。食べ過ぎも禁物ですが、極端な食事制限もいけませんから、肥満気味の妊婦さんは特に注意が必要です。

どんなものを食べると良いの?

妊娠中は赤ちゃんのことも考えなければなりませんし、糖負荷試験に引っかかった場合はそれにプラスして血糖値の上昇を抑える食事内容にしなけばなりません。

主食であるご飯、パン、麺類などの炭水化物をはじめ、主菜である肉類、魚、卵、大豆などのタンパク質、副菜である野菜、きのこ、海藻類などを毎日バランス良く取り入れるようにしましょう。

妊娠中にバランス良く摂取したい栄養素として、以下のものがあります。

これらの栄養素をバランス良く取り入れて、一日に沢山の食材を使用して調理するようにしましょう。

塩分と糖分の摂り過ぎは禁物ですから、味付けを薄味にすることも心がけましょう。
味が寂しいと感じたら、いつものサラダに豆をプラスしてみたり、お浸しにゴマをプラスして風味を替えてみたりと、なるべく多くの栄養素を摂ることを念頭に置いて食事をしてください。

バランスの良い食事を心がけましょう

妊娠糖尿病はホルモンバランスの影響で、どの妊婦さんにも起こり得る病気です。

糖負荷試験で引っかかった人もそうでない人も、妊娠したら食事内容に気を付けて過ごしてくださいね。

食事の管理はとても大変ですが、お腹の赤ちゃんと妊婦さんが健康に過ごすためには欠かせません。バランスの良い食事を心がけて過ごしましょう。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ