妊婦の帰省はいつまでOK?義実家に行きたくない人へ

 【妊娠線クリーム】NOCOR




妊娠するとお腹の赤ちゃんと妊婦さんの体調が気になって、お出かけや帰省は心配になることでしょう。
特に義実家は気をつかううえ、お手伝いなどもしなければならないので、大変だと感じるお嫁さんは多いです。

お盆やお正月、連休などは義実家への帰省をしている人も、妊婦さんの帰省に関してはどうしたら良いのでしょうか。

帰省は遠慮したいけれど、旦那さんや義両親にどう説明したら良いのかなど、妊婦さんの帰省に関して考えていきましょう。

妊娠すると行動が制限される

妊婦さんはホルモンバランスが崩れて体調が悪くなったり、つわりで辛い思いをしたりと、想像以上に体と精神に負担がかかります。
個人差はあるものの、妊婦さんは妊娠中にどんな体調の変化に悩まされるのかをみていきましょう。

妊娠初期の体調の変化

まず、妊娠初期の体調の変化で代表的なものとして「つわり」があります。これは始まる時期も終わる時期も、症状も人それぞれで個人差が大きい症状です。

軽い人もいますが、辛い吐き気に悩まされる人がほとんどです。ご飯の炊けるにおい、揚げ物のにおいなど、食べ物のにおいで吐き気をもよおすことが多く、ひどい人は常に気持ちが悪い状態です。家事をするのも一苦労、水も飲めないくらい酷い場合は入院することもあるのです。

つわりの他にも、妊娠初期は赤ちゃんの発育状態も不安定です。あまり無理をしすぎるとお腹の赤ちゃんに影響してしまう事もあります。長時間の車や電車での移動、激しい運動や長時間の徒歩移動、自転車に乗ることなどは、妊娠中は特に避けたいこととして指導されます。

このように、妊娠初期は辛い吐き気と戦うつわりが始まり、赤ちゃんが不安定な時期なので、無理なスケジュールで動くことは避けた方が良いのです。

妊娠中期の体調の変化

妊娠5ヶ月頃から妊娠中期に入ります。安定期に入って赤ちゃんが心配な気持ちも落ち着き、つわりも落ち着いてくる妊婦さんが多いです。この時期はまだお腹もそれほど大きくなく、つわりもおさまってくるので、妊娠中の中でも行動がしやすい時期です。

しかし、まだ油断はできません。つわりが続いている妊婦さんもいるからです。つわりの辛さはあまり周りから理解されないことも多いですが、二日酔いや食中毒のような吐き気に一日中悩まされ、それが数ヶ月も続き、終わりが分からないということはとても辛いのです。

安定期とはいえ妊娠中。妊娠6ヶ月に入るころからお腹も大きくなりはじめるので、注意が必要です。

妊娠後期の体調の変化

妊娠後期に入ると、体調の変化が著しくなります。比較的安定していた妊娠中期と比べ、お腹が大きくなるスピードが格段に早くなります。

日に日に大きくなっていくお腹を支えながら歩くのは一苦労です。それは、お腹が大きくなると動きも制限されるからです。

大きなお腹で足元が見えなくなって、転倒の危険性が高まるのはもちろん、赤ちゃんの重さがグンと増えるので、足腰への負担が大きくなるなどの、日常生活での支障が出るようになってくるのです。

また、お腹が張りやすくなります。お腹が張った状態で無理をして動くのは、早産となる危険性が高くなります。妊娠後期は特に無理をしてはいけない時期です。

妊娠後期は、いつ赤ちゃんが産まれるか分かりません。
まだ臨月に入っていなくても無理をしたことによって出産が早まったり、体調が急に悪くなったりするのです。

このように、妊娠中は行動が制限されることがとても多いのです。どうしても帰省する場合は、安定期に入って体調が落ち着いている時期に、担当医の許可をもらってからにしましょう。

妊婦さんが帰省する際の移動手段

妊婦さんは車での長時間の移動、新幹線や駅などの人混み、気圧が変わる飛行機などの移動は注意が必要です。

長時間の移動は、乗り物の振動でお腹が張ることがありますし、乗り物酔いをしやすい妊婦さんは、酔い止めなどの薬を飲むことができません。

人混みは、妊婦さんは非妊娠時と比べて動きが格段に鈍くなり、つまずく、転ぶ、早く歩けないなどの行動に支障がでます。

そのうえ、インフルエンザなどの病気をうつされる可能性があったり、ぶつかるなどの他、満員電車はお腹を圧迫されるなどのリスクがあるので、絶対に避けましょう。

飛行機は気圧が変化して、お腹が張ったりすることがあります。

もしこれらの移動手段で帰省しなければならない場合は、こまめに休憩をとる、確実な座席の確保、余裕をもった時間配分が必要です。そして、帰省する前に妊婦検診を受けて、帰省すること、移動手段やスケジュールなどを相談しましょう。

義両親にはとても気をつかう!

これほどまでに妊婦さんは普段の行動にさえ常に注意を払わなければならない状態ですが、これが帰省先となると、普段のように好きな時間に休むことができなくなってしまいます。

旦那さんや義両親からしてみれば、「妊婦さんだから何もしなくて良いよ」と思っているかもしれません。気遣いはとても嬉しいのですが、それでも、本当に言われたとおりに何もしない・好きに休むということができないのが、「義実家」なのです。

本当は横になって休んでいたいのに、話に付き合って無理をしてしまったり、お茶出しを手伝ったり、食べ終わった食器を下げる、布団を敷くなどのちょっとした家事をやらざるを得ない状況になってしまいます。

義実家は実家とは違う!!

お嫁さんにとって、実家と義実家には大きな差があります。義両親が嫌いというわけではないのですが、単純に「気をつかう」から大変なのです。

実家には実の父と母がいます。全く気をつかわないといわれるとそうではありませんが、「義両親と比べると気をつかう必要が無い」のが実両親です。

男性も、妻側の両親と接する機会があることでしょう。
でも、妻の実家では男性はほぼ何もしなくても過ごせている人が多いのではないでしょうか。

女性側は、実家でも家事を手伝う事があります。
そんなとき、実の母から「妊婦さんはゆっくりしていなさい」と言われたら、遠慮なく甘えることができる間柄が実家です。

義実家で本当に気をつかわなくても良いと思うのなら、何か手伝おうとしたら、旦那さんや義両親の方から「何もしちゃだめ」くらい言ってもらった方が、妊婦さんもゆっくりできるはずです。

旦那さんにして欲しいサポート

もし帰省をするのであれば、旦那さんは、奥さんが妊婦さんであることを常に認識し、しっかりとサポートをしてください。

まず、帰省先の産婦人科がある病院を、数件把握しておきましょう。
帰省先で体調が急変することも考えておくのは、とても大切です。

そして、移動中はこまめに休憩をとってください。妊婦さんはトイレが近くなったり、ストレスでお腹が張ったりしますから、無理のないスケジュールで移動しましょう。

妻にとって帰省先の義実家はとても気をつかいます。
実の息子である旦那さんが妊婦の奥さんをフォローしたり、時には両親に指摘や注意をするなどの対応をしましょう。

旦那さんも両親に指摘をしにくかったり、意見を聞き入れてもらいない場合もあるかも知れません。
そんな時は、いつでも奥さんをかばうなどの対応を忘れないでください。

立てるのは自分の親ではなく、妻。肩を持つのは妻。
こうすればうまくいきます。

妊娠中の奥さんに義実家に来てもらっているという意識を持ち、妊娠中くらいは、帰省先でゆっくりさせてあげてくださいね。
そうすれば、奥さんはとても嬉しいはずです。

妊婦さんの帰省は夫婦でしっかり話し合って

このように、妊娠中に帰省する場合は、ゆとりを持った計画、旦那さんの気持ちの持ち方が重要になってきます。
そのために、妊婦さん自身も帰省はどうしたいか、義実家ではどう過ごしたいか、妊娠中の体調、不安、要望などを旦那さんに話しましょう。

最初の帰省が一番大切です!最初に無理して良い嫁を演じると、後々大変になってきますよ。

旦那さんも、産後クライシス、産後離婚を避けるためには、実家は捨てた という気持ちになって、自分の妻を大事にしましょう。

旦那さんは奥さんの話を聞いてどうしたいか話したり、帰省時のスケジュールを相談し合う、場合によっては帰省自体をするかどうかも話し合いましょう。旦那さん自身の計画や考えもあるかもしれませんが、妊婦さんに寄り添った計画にすることが大切です。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ

ツールバーへスキップ