マザーズバッグ リュックとトート比較 どちらがおすすめ?

 【妊娠線クリーム】NOCOR




赤ちゃんが産まれると、荷物が増えます。
着替え、オムツ、哺乳品…たくさんの荷物を入れるマザーズバッグは、数多くの種類が販売されています。

メーカーの違いや形の違いなど、初めて赤ちゃんを育てる人にとっては、どんなマザーズバッグにすれば良いか悩みますよね。マザーズバッグはリュックやトートが主流です。どちらがおおすめできるのか?

リュックとトート両方の比較をしてみました。

マザーズバッグに入れるもの

まずは、マザーズバッグにどんな物を入れるのかを見てみましょう。常に用意しておきたい基本的な物としては、以下のような物です。

新生児くらいから離乳食が始まるくらいまでは、これくらいが基本です。

それに加えて、母乳育児かミルク・混合育児かどうかによって変わる持ち物がプラスされます。

ミルク・混合育児の場合

・粉ミルク
・哺乳瓶
・お湯を入れる水筒
・混合の場合は授乳ケープ

母乳育児の場合

・授乳ケープ

これらを、上記の荷物にプラスします。

離乳食が始まると、これにプラスして

・スプーン
・必要な場合はヌードルカッターなど
・お食事エプロン
・赤ちゃんの飲み物

上記のものが加わります。

お出かけする時間や距離などにもよりますが、これくらいの量の荷物がちゃんと入るものとなると、結構な大きさで、じょうぶなマザーズバッグでなければなりません。

このように、赤ちゃん連れで外出するときは、とてもたくさんの荷物が必要になってきます。これにママの財布やスマホなどの持ち物もプラスされるので、バッグの中身も一緒に入るような大きめのバッグを用意しましょう。

大きすぎても小さすぎても不便です。快適にお出かけできる、自分に合ったマザーズバッグを選ぶことが大切なのです。

普通のバッグを使っても良いの?

大きめのバッグなら、マザーズバッグでなくても荷物さえ入れば良いのではないかと思う人もいるでしょう。確かに、大きささえ良ければどんなバッグでも良いですが、マザーズバッグは赤ちゃん連れのママのために考えられた良い点がたくさんあるのです。

登山には登山用バッグがあるように、子育てにはマザーズバッグがあるということですね。

付属品が付いてくる

全てのマザーズバッグではありませんが、お揃いの柄や素材でできているオムツケースとオムツ替えシートが付いてくるマザーズバッグがあります。
哺乳瓶や水筒を入れることができるポーチが付属しているマザーズバッグもあるんですよ。

新しく買い足す必要が無いですし、バッグとお揃いなのでとてもオシャレです。

収納を考えて作られている

赤ちゃん連れならではの持ち物を、きちんと収納できる作りになっています。

水筒や哺乳品が倒れないように収納できるポケットがあったり、赤ちゃんのおもちゃをぶら下げることができるフックが付いていたりします。

丈夫に作られている・使い勝手が良い

マザーズバッグは、常に持ち歩きます。赤ちゃんが触ったり引っ張ったりすることもありますから、すぐに汚れたりヨレヨレになってしまうのですが、そういうことを想定して、汚れたらすぐに丸洗いOKな素材、丈夫な生地でできているものが多いです。

また、開口部が広い、開けやすいなどを考えて作られているのも、マザーズバッグの良いところなんです。

トートタイプのマザーズバッグ

種類が豊富

トートタイプは種類が豊富です。肩にかけるショルダータイプから、斜め掛けのタイプまで多種多様。メーカー、柄、素材を含めて、たくさんありすぎて選びきれないくらいです。

デザインや性能はもちろん、多数から自分の好みに合ったものを選ぶことができるのがトートタイプのメリットです。

開口部が広い

トートタイプは開口部が広いので、荷物の出し入れがとてもしやすいです。大きな荷物やかさばる上着なども、片手でサッと出し入れできます。実際にバッグを選ぶときは、開口部が広くて、片手でも開け閉めのしやすいものにしましょう。

開口部は、マグネット、ボタン、ファスナーで開け閉めするものがあります。この中でもファスナーやマグネットタイプが便利だといえるでしょう。
ファスナーは荷物の落下を防ぎます。ファスナーが面倒な人は、マグネットタイプがおすすめです。マグネットタイプは荷物の落下の可能性があるものの、簡単に開け閉めができるのが利点です。

時には邪魔になることも

肩に掛けるショルダーバッグは、マザーズバッグとしてはあまりおすすめできません。

普段からショルダーバッグをお使いの人なら分かると思いますが、肩に掛けているだけなので、かがんだり手を前に出した時(トイレで手を洗う時など)に、ずれ落ちてくるからです。赤ちゃんを連れてお出かけすると、そういう機会がとても多くなります。

もしトートタイプのマザーズバッグを選ぶなら、肩から斜めに掛けられるタイプをおすすめしますが、このタイプも、前かがみになったりかがんだ時に、前にたれてくるので、邪魔になりやすいのが難点です。

リュックタイプのマザーズバッグ

両手が使える

リュックタイプのマザーズバッグは、この「両手が使える」ということが一番の醍醐味です。赤ちゃん連れは抱っこしたり、ベビーカーを押したりと、片手が塞がる事がとても増えます。両手が塞がってしまうこともしばしば。

そんな時に、リュックタイプのマザーズバッグなら両手が空くので、赤ちゃんを抱っこしながら買い物をしたり、トイレに付き添ったり、公園や児童館などでも荷物を置かずに過ごすことができるのです。
両手が空くリュックを選ぶママはとても多いです。両手を使いたいためにリュックを選んでも良いくらいですよ。

取り出すのが面倒

大きなメリットがあるリュックにも、デメリットや難点はいくつかあります。

おおきな難点は、取り出すのがトートよりも面倒だということです。

リュックは背負っているので、物を取り出す時には一度肩から降ろさなくてはなりません。ママ一人なら問題ありませんが、赤ちゃんを抱っこしながらだと大変な作業です。そのために、リュック派の人は財布やスマホが入るくらいの、斜め掛けのサブバッグを用意しましょう。そうすれば、財布やスマホをサッと取り出すことができますよ。

縦長なので荷物が重なる

リュックは縦長ですから、最初の方に詰め込んだ物が一番下になるので、取り出す時に不便です。
荷物の使用頻度を考えて、よく使うオムツやガーゼなどは、すぐに取り出せる上の方に入れておきましょう。

これらのデメリットを考えても、両手が使えるに越したことはないくらい、リュックはとても便利ですよ。

利点や使い方でマザーズバッグを選びましょう

赤ちゃんを連れていると、荷物が多くなりがちなのに加えて、荷物が邪魔になることが多いです。
まだ歩かないうちは良いですが、はいはいをしたり歩けるようになると、追いかけ回したり抱っこしたりする機会がグンと増えますし、赤ちゃん自身も成長して重くなるので、動く安くて機能性の良いマザーズバッグを選ぶことが大切です。

普段の移動手段でも使い勝手が違ってきます。公共交通機関なら両手の空くリュックが便利ですし、徒歩も負担がかかりにくいリュックがおすすめです。マイカーなら車に積んで移動できるので、トートタイプでも問題ありません。
ご自身の行動範囲に合った利点や使い方で、マザーズバッグを選んでくださいね。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ

ツールバーへスキップ