アロマテラピーでつわりが楽になる?おすすめの香りは?

 【妊娠線クリーム】NOCOR




aroma

妊婦さんのほとんどが経験するつわり。
常にモヤモヤと気分が悪くて、終わりの見えない霧の中にいるような辛さがありますよね。
アロマテラピーの力を利用すれば、つわりの辛さを軽減することができますよ。

基本的には妊婦さんにはアロマオイルを使ったマッサージなどのケアは行わず、ティッシュに垂らした精油の香りをかぐ「芳香浴」を行います。
では、どのようなアロマテラピーの香りを選べばつわりに効果があるか、ご説明しましょう。

気分の悪さには、「グレープフルーツ」

アロマテラピーの中でも、さっぱりと爽やかなグレープフルーツの香りは、つわりの気分の悪さを和らげてくれる効果があります。
精油の小瓶をカバンの中に入れて持ち歩き、気分が悪くなった時に香りをかげば、かなり辛さが落ち着きます。
アロマテラピー初心者のかたにもおすすめできる、つわり対策です。

吐き気には「ペパーミント」

吐き気に苦しんでいる妊婦さんには、ペパーミントのアロマテラピーをお勧めします。
メントールの清涼感あふれる香りが、つわりの苦しい吐き気を和らげ、すがすがしい気分へと導いてくれます。

ただペパーミントは強い香りなので、アロマテラピーの香りがきつすぎると、つわりがきつくなり逆効果になる場合もあります。
始めは薄めの香りで試してみたほうがいいと思います。

イライラには「ベルガモット」

気分が沈んでイライラしてしまうかたには、「ベルガモット」のアロマテラピーがぴったりです。
ベルガモットはアールグレイの香りづけに使われる香りですが、つわりで苛立った神経を落ち着かせる効果があります。

アロマテラピーは、自宅で簡単にできるつわり対策です。
香りをかぐだけでつわりが軽減できるのですから、試さない手はありませんよ。
でも、いつもは平気な香りでも、つわりの時期にはきつく感じることもあるもの。
アロマテラピーは、つわりの体調と相談しながら楽しみましょうね。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ