西洋医学よりすごいかも!アロマを利用した出産について

 【妊娠線クリーム】NOCOR




自然療法として取り入れられることの多いアロマテラピー。
実はアロマは出産時にも大変効果的です。

陣痛の痛みの合間に香りをかぐことでリラックスでき、不安な気持ちが減少して安産につながりますよ。
アロマの力を利用した出産とはいったいどんなものなのでしょうか。

西洋医学よりすごい!?香りのパワーを利用しよう

アロマの香りは、出産の様々なシーンで効果を発揮します。
場面に合ったアロマオイルを選べば、出産をスムーズに進めることができます。

たとえばなかなかお産が進まない時は、クラリセージやジュニパーを選びましょう。
子宮収縮や分娩促進作用がありますから、だんだんと陣痛が強まりお産が進むはずです。

陣痛が強くて痛みに耐えられないと感じ始めたら、ローズやイランイランを選びます。
これらの香りには、リラックス効果のほかに陣痛の痛みをやわらげる作用もありますから、香りをかぐだけで陣痛が弱まるように感じると思います。

アロマは出産の時に大変役に立つものですが、普段慣れてない香りをいきなり嗅ぐと、乗り物酔いのように気分が悪くなる方もいます。

無理に出産用のオイルを使う必要はありません。
リラックス効果だけを求めるなら、グレープフルーツやペパーミントなど、妊娠中から慣れている香りを持って行ってもいいと思いますよ。

アロマの香りをどうやって楽しむか?出産時の産院でのマナー

陣痛室や分娩室、タイミングによっては他のかたと一緒になることもありますよね。
いくらアロマOKの産院でも、ディフューザーやアロマポットで部屋中に香りを焚くと、他に出産を控えている人に迷惑になることもあります。

その場合はハンドタオルにオイルを数滴たらした「アロマタオル」を作り、口元で嗅ぎましょう。
これなら他のかたにも迷惑になりませんし、好きな時に好きなだけ香りを楽しむことができます。

アロマテラピーは、うまく取り入れれば出産の大きな助けになってくれます。
痛みを和らげ、お産を進めてくれる効果…、西洋医学でもなかなかこれほどはできません。
興味があるなら、アロマ出産ぜひ試してみる価値はあると思いますよ。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ