私がコンビのバウンサーを購入した理由 安いし機能が絶妙!

 【妊娠線クリーム】NOCOR




商品名:バウンサー(ベビーラック)

メーカー:コンビ

値段:20000円ほど

赤ちゃんが家に帰ってきたのきに、まず寝かせてあげる場所の確保ということでこの製品を購入しました。

バウンサー(ベビーラック)も色んな種類があり、寝かせた状態で自動でゆすってくれる機能が付いたものとか、頭のところにカバーがついていてまぶしくないようにするものなどいろいろありましたが、私が購入したものは最低限の機能であるものでした。

【私が購入の際にこだわったポイント】

1 リクライニング機能 

2 新生児の際に寝かせる為のクッション付き

3 離乳食食べたりする為のテーブル付き

4 ハイ&ロー機能

5 足元にローラー付き

色々な機能がありますが、これらの機能があれば十分でした。

それぞれどんなところが便利だったかというと下記のような点です。

【どんな理由で便利だったのか使った後の感想】

1 新生児ときはほとんど使わないのですが、少し大きくなってくると赤ちゃんは寝ているだけでは飽きてきます。その際にこの機能があると少し目線が上がるので見えるものが違うと喜んでくれます

2 そんなに分厚いものではないのですが、これがあると直接背中にプラスチックの固い部分が当たらないので安心です。また新生児はミルクの吐き戻しが多いです。我が家はクッションの上にバスタオルを引いているのですが、その下にこのクッションがもう一枚引いてあるので、吐き戻して浸みてしまった場合も、このクッションも一緒に洗ってあげることができるので、一番したのカバーまで洗わないで済むので、バウンサーを洗濯中も使うことができます

3 これはそのまま。離乳食のときにちょっと置いておくテーブルがあると助かります。また子供のおもちゃをおいて遊ばせておくために使うこともできます。あると便利でした。

4 少し大きくなってくると家族と一緒の目線でいると喜びます。我が家はダイニングテーブルなので、片ベルトなどをしっかりはめた状態で、ハイ機能でテーブルの位置まであげてあげると、子供はとても喜びます。

5 寝ている状態でバウンサー(ベビーラック)を動かすときにこの機能があると、子供が寝ているままで動かすことができるので助かりました。

こんな感じで我が家はバウンサー(ベビーラック)を妊婦の間に用意して、新生児の際からずっと、身長が伸びて足が飛び出す前までずっと長く使うことができました。

これは買ってとても重宝した育児グッツでした。

最低限の機能のグッツだったので、値段もお手頃のものでした。

いろんな便利な機能もあるので、自分にあった自分が楽に育児できるグッツをぜひ探してみてくださいね。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ