妊娠中から授乳クッションが役立ちました!birthdayでオーガニックコットンを購入!

 【妊娠線クリーム】NOCOR




商品名:授乳クッション

メーカー:birthday

値段:2980円

私が妊娠初期から産後、育児中とお世話になった商品があります。

それは、授乳クッションです。

元々は、友達から授乳クッションは何にでも使えて便利だよ!とオススメされたことがキッカケでした。

そこで、育児雑貨や子ども服を取り扱っている、birthdayというお店に行って見ました。

デザインが豊富で、オーガニックコットンを使用してある商品も置いてあったので早速購入しました。

クッションの端同士がボタンでくっつけれるタイプの物で、ボタンを外すと抱きまくらのような形になります。

妊娠初期、つわりが酷い間は抱きまくらとして愛用していました。

妊娠中期に入り、少しずつお腹ふっくらしてくる頃からは、抱きまくらとして愛用することに加えて、読書や携帯を触るときなどに、お腹の周りにセットして、本置き&携帯置きとして活用していました。

ちなみに、産後の妊娠していない時期も、お腹周りにセットして読書することは続けていました。

とっても楽なんです。

妊娠後期に入ると、更に抱きまくらとして大活躍しました。

仰向けに寝ると苦しいので、横向きに寝ますが、なかなか寝心地のいいポジションが見つからないんです。

そんなときに、授乳クッションを足に挟んだりしてみると、寝心地がよくなりました。

読書しないときでも、ソファーでリラックスするときは、お腹周りにセットすることが増えました。

クッション真ん中部分の肉厚になっているところを、腰の方にもってきてあげると腰が楽になるので、腰痛防止としても使用できました。

ここまでお世話になると、出産のときも側に置いておきたくて、産婦人科に持参しました。

悪阻で苦しんでいるときは、抱きまくらにしてみたり、枕にしてみたり、ありとあらゆる使い方をし、授乳クッションに出産のお助けをしてもらいました。

精神的にも安心感があり心地よかったです。

産後は、赤ちゃんを抱っこするときを始め、授乳の時間、腰痛予防、抱きまくらとして大活躍です。

赤ちゃんが大きくなってくると、授乳クッションをドーナツ型にして、真ん中部分に赤ちゃんを座らせたり、寝かせたりすることもできました。

すっぽりはまってくれるので、赤ちゃんも安心感があるのが、授乳クッションの中にいるのが大好きでした。

結局、授乳クッションはボロボロになるまで愛用しました。

妊娠したお友達や知り合いには、必ず授乳クッションをオススメしています。

妊娠中にプレゼントしてあげると、大活躍だよ!と嬉しいお言葉もいただけるほどです。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ

ツールバーへスキップ