年子妊娠の注意点とリスクは?

 【妊娠線クリーム】NOCOR




皆さんは年子妊娠や育児にどんなイメージがありますか?とにかく大変そうだというイメージが第一ではないでしょうか。それでも年子のきょうだいは多いですしメリットもいくつかあります。年子妊娠や育児のリスクや注意点を知って計画的な家族計画をするために、年子妊娠のメリットと注意点をお教えします。

年子とはどんなきょうだいのこと?

年子とは、1歳・1学年違いのきょうだいのことです。一般的には小学1年生と小学2年生など1学年違いのきょうだいのことを指しますが、妊娠・出産の時期によっては同学年の年子になることも。上の子が4、5月生まれですぐに年子妊娠すると同学年になります。

幼稚園や学校は年度制です。年度が4月に始まって3月に終わりますから、上の子が1、2、3月の生まれの早生まれの場合は2学年離れることもありますし、逆に、下の子が早生まれなら2歳差でも年子になる可能性もあるのです。

このように、生まれた月や次の妊娠までの間隔の差で年子になることも逆に離れることもあります。年子妊娠をしたい場合や希望の学年差がある場合は、上の子の生まれ月から計算して早めに次の年子妊娠を考えましょう。

年子妊娠の注意点とリスクは?

年子妊娠にはいくつかの注意点やリスクがあります。計画して年子にする場合はもちろん、そのつもりはなかったのに年子になってしまうこともありますね。年子妊娠を考えているのなら、年子妊娠の注意点とリスクを妊娠前に知っておきましょう。

年子妊娠の注意点とリスクを知った上でもまだ年子がいいのか・離したほうがいいのかを考えることがいちばんおすすめですが、予定外で年子妊娠した人は年子妊娠中の注意点やリスクもありますから、早めに知っておくことが大切です。

産後すぐから妊活しなければならない

年子妊娠の注意点のひとつとして出産後すぐに妊娠をしなければならないことがあげられます。たとえば上の子が4~12月生まれなら下の子は翌々年の3月までに出産すれば年子になりますし、上の子が早生まれなら下の子は翌年の3月までに出産すれば年子になります

ただし妊娠期間はおよそ10ヶ月。希望したからといってすぐに妊娠できるわけではありません。それを考えると、高齢出産などを考慮して年子妊娠を希望する場合は、上の子を出産してすぐに妊活を始めなければならないのです。

妊娠するには排卵と月経が再開しなければなりません。一般的に母乳育児とミルク育児ではミルク育児のほうが早く月経が始まるといわれていますが、産後初めての排卵で月経再開前に妊娠する可能性はじゅうぶんにあります。
年子妊娠を希望する人は産後の体調が落ち着いたら妊娠を開始し、予定外の妊娠を避けたい人は月経再開前でも避妊はしっかりとしましょう。

母体の回復前に妊娠する

もうひとつの注意点とリスクは、ママの体に関することです。年子妊娠をすると母体が回復する前に妊娠することになりますが、一般的に産後の母体の回復には半年くらいかかるといわれています。

子宮はもちろん骨盤も出産とともに広がっていますから、ママの体が元に戻る前に妊娠するとまた子宮と骨盤が広がっていくことになります。出産とともに増えた体重が戻るのも半年から1年はかかるため、ママの体が元に戻り次の妊娠に備える体になるには生後半年は空けることが理想的です。

帝王切開で産んだママはとくに注意

3つめの注意点とリスクはとくに気をつけてほしいことです。帝王切開で一人目を産んだ場合は必ず産後1年は開けなければなりません。産後の傷が外から見ると治ったように見えても、産後1年未満の妊娠は子宮への負担が大きくなるからです。

普段は握りこぶしくらいの大きさの子宮が臨月には3kgの赤ちゃんが入るほどに大きくなりますから、帝王切開後の子宮の傷が完全に治りきっていないときに次の妊娠をるすと子宮が耐えきれずに裂けてしまうという恐ろしいリスクがあるのです。

産婦人科の医師からも注意がありますが、ママと赤ちゃんの命に関わることなのでしっかりと守りましょう。年子が欲しい人は諦めなければならない場合もありますが、命には代えられませんね。

年子を育児するときの注意点とリスクは?

つぎは年子を出産後の育児についての注意点とリスクについても知りましょう。妊娠期間はほんの10ヶ月ですが、育児は何年も続きます。年子を出産したら育児が始まります。年子育児の注意点とリスクはおもに2つです。

赤ちゃん・幼児時代は育児が大変

年子は赤ちゃんから幼児期の育児がとくに大変です。オムツやベビーカーなどの育児用品は、お下がりではなくほぼ共用しなければなりません。ベビーカーを押しながら抱っこ紐を付けることもありますし、オムツは2人分必要になることも。

よちよち歩きになると安全確保も必要です。1歳と2歳の子はまだ言葉の理解と行動が伴っていないので、それぞれが別の方向へ行きたがったり、別のことをしたがったりするので注意が必要です。

入園・入学が2年連続で続く

年子は入園や入学が連続します。上の子が入園した次の年にはもう下の子の入園時期になりますから、入園や入学の準備が大変です。小学校の入学前はランドセルの購入や健康診断、入学前の説明会など、秋ごろから忙しくなってきます。それが中学、高校、大学まで続くことも納得したうえで年子を計画しましょう。

年子妊娠・育児は楽なこともある

年子妊娠や育児は注意点やリスクばかりではありません。計画して年子妊娠する人もいるくらいですから、大変でもメリットがあるということです。年子妊娠・育児のメリットや楽なことも知っておきましょう。

育児と妊娠に慣れている

一人目の妊娠と育児の直後からまた妊娠・育児をすることになるので慣れたまま対応することができます。年が離れているとパパやママの加齢も進んでいるため体力的に妊娠や育児が大変に感じることがあります。しかし連続で妊娠・育児をするとママの年齢が若いうちに二人目の育児ができるので精神的にも体力的にも慣れた状態で育児ができるのです。

成長が近いので同じような行動ができるようになる

上の注意点としても同じようなことをあげましたが、これはメリットでもあります。年が離れていると上の子もしくは下の子に合わせた行動をする必要が出てきますが、年子の場合は年齢がほぼ変わらないのであるていど成長したら行動するときに楽です。

テーマパークや旅行に行くときなども年が近いほうが楽しめます。一人は小学生、一人は赤ちゃんだとパパママも大変ですが、年子ならある程度理解力が出てこれば行動範囲もひろがりますよ。

育児と妊娠がいっきに終わる

これは年子の最大のメリットともいえます。育児は大変ですがそのぶんいっきに終わるので後がとても楽です。産後すぐは大変ですが、赤ちゃん・幼児時期に苦労を先にしておくようなもの。下の子が小学生にもなればパパママもかなり楽になるのではないでしょうか。

また、働くママが職場復帰するにも年子だと早くてすみます。たとえば3歳差のきょうだいだと1歳から年長まで保育園に預けるとすると9年通うことになります。職場に復帰しても再度育児休暇をとる必要がありますが、年子なら育児休暇が一度で済むうえに幼稚園に通うのも5年で済みます。
このように、働くママや高齢出産のママには大きなメリットが年子にはあるのです。

年子妊娠の注意点とリスクを知って計画的な家族計画を

年子妊娠の注意点とリスク、メリットを知って皆さんはどう思いましたか?やっぱり年子がいいと思った人も諦める方向の人も、どちらにもいえることは計画的な家族計画をして欲しいということです。

年子妊娠には大きなリスクがあります。年子にしたい理由やできない理由を明確にしてパートナーとよく話し合って決めてくださいね。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ

ツールバーへスキップ