ピジョン搾乳機を使った体験談・口コミ(出産準備品)

 【妊娠線クリーム】NOCOR




買ってよかった出産準備品

商品名:搾乳機
メーカー:ピジョン
値段:3,000円

ピジョン搾乳機を使った体験談・口コミ(出産準備品)

初めての出産のときに、あると便利だよと友だちに聞いていたので、買っておきました。

一人目のときは、私も慣れていなくてうまくおっぱいをあげられず、息子も上手に飲めなかったため、おっぱいがたまる一方でした。そのうち、もうおっぱいがカッチカチになってしまって、激痛に襲われたのです。完全に乳腺炎を起こしていました。

入院中は、助産師さんが絞ってくれましたが、退院してからは自分で絞らないといけないため、搾乳機が大活躍でした。はじめは絞り出すのも痛くて、なかなかうまく密着しなかったり、いろいろとトラブルもありましたが、慣れてくるとどんどん搾乳することができました。

やっていくうちに胸がしぼんできて、楽になるため、本当に助かりました。うちの息子は哺乳瓶が大丈夫な子だったので、絞った母乳をそのまま飲ませることもできて効率的でした。

ただ、難点が2つあり、密着させてずっと搾乳していると、だんだんと乳首の周りがかゆくなってくることです。そのときは何度かきれいに拭いて絞り続けました。敏感になって荒れているときなどは使わないほうがいいと思います。

もう1つはとにかく手が疲れることです。牛さんのようにじゅぱーっと搾乳できるわけではなく、ちょろっとずつしか搾乳できないため、長時間ポンプを押し続けるのはかなり大変でした。

しかも、うまくポンプが戻らなくて時間がかかったり、吸引力が落ちることがあり、けっこう時間がかかりました。

お風呂で自分の手で絞ったほうが正直、手っ取り早かったですね。ただ、お風呂で絞ってしまうと、せっかくの母乳が流れていってしまうので、やはり搾乳機でちゃんと哺乳瓶に確保していくほうが赤ちゃんにはいいと思います。搾乳機でしぼった母乳は濃い黄色で、見るからに栄養たっぷりでした。

ちなみに、個人差はあるかと思いますが、私の場合は10分ほど絞り続けても、わずかな量子しか搾乳できませんでした。そのうちにどんどん手が疲れてくるのです。

1日何度も搾乳するため、腱鞘炎になりそうでした。途中でめげて、旦那さんに代わってもらって、パフパフしてもらいました。はじめはこれがものすごく恥ずかしくて嫌だったのですが、そうも言ってられませんでした。恥を捨てて、といった感じです。今となれば、電動もあるようなので電動にすれば良かったなあと思います。

ただ、手動の方が軽量なので、持ち運びをしたいときや外出時には手動がおすすめだと思います。価格も手動の方が安いですしね。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ

ツールバーへスキップ