不妊症に効く漢方薬のいろいろ

 【妊娠線クリーム】NOCOR




不妊症の治療で産婦人科等の医者にかかりながら、漢方薬も利用する人達もいます。
漢方薬には様々な種類があり、様々な症状によって使い分けされたり混合されたりして古来より愛用されてきました。
もちろん、不妊症にも原因として挙げられるものに効果が期待できるものが利用されているのです。

月経関係の不調に効く漢方薬の利用

よく利用されているものの中に、婦宝当帰膠があります。
月経不順や月経痛の改善にも使われており、血行不良を引き起こす貧血等の改善効果を期待できるのです。
主な成分は当帰で、毎月の月経に代表される血の流れとの繋がりが深い女性の健康や体調の改善に欠かせないものです。
不妊症の原因として月経不順が考えられる場合には、活用したいものの1つかもしれません。

冷え症による不調に効く漢方薬の利用

よく利用されているものの中に、八味地黄丸があります。
その名の通り8種類の成分が含まれており、その中でも地黄は、血を補い血行・血流を良くすることで体を温める効果が期待できるのです。
一般的には老化抑制があるとして知られていますが、だからこそ、不妊症の原因となる状況の改善にも良いのかもしれません。
例えば、女性が服用すると卵巣の、男性が服用すると精巣の機能改善の効果をもたらします。

ストレスによる不調に効く漢方薬の利用

よく利用されているものの中に、逍遥丸があります。
主な成分としては、女性の体に良いとされる代表でもある当帰や、ストレス解消や自律神経に好影響を与える柴胡、血行を良くして筋肉の凝りも和らげる芍薬が使われています。
そのため、心身共にストレス発散の効能があり、不妊症に関わるデリケートな生殖器官の働きも改善されることが期待できるのです。

このように、漢方薬には、妊娠を望みながらも不妊症に悩む男性や女性の体調を整える効果を持つものが多々あります。
その中から、個々の体調に合わせて漢方薬をより良い調合・配合をすることで、不妊症の辛い状況の改善を図るのです。
ですから、不妊症治療の一環として漢方薬も活用されています。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ