不妊症と向き合う第一歩は、夫婦揃って検査方法を知ることから






愛する人との間に子を成したいと願う夫婦にとって、1年以上も妊娠の兆候がないのは辛いものです。
そんな場合は不妊症である可能性を考え、産婦人科で検査を受けてみるのも良いかもしれません。
不妊症の原因には様々なものがあるため、検査方法も様々あるのです。

女性側が行う不妊症の検査方法の例

超音波検査が挙げられます。
この検査方法では、子宮や卵巣の状態を見ます。
子宮内膜の厚さから妊娠がしやすい状態かどうか、卵子が存在する卵胞の大きさから排卵の時期がわかるのです。

男性側が行う不妊症の検査方法の例

精液の検査が挙げられます。
この検査方法では、精液を採取して2時間以内のものを調べるのです。
精子の量や動き、あるいは、精子の形が正常かどうかという点を調べることができます。

男女両方ともが行う不妊症の検査方法の例

まず、ホルモン検査が挙げられます。
この検査方法では採血によって、女性の場合は、低温期・排卵期・高温期の各期に分泌される女性ホルモンが正常な値かどうかを調べるのです。
また、男性の場合も同様に、精巣が正常に働いたり精子をきちんと作り出したりするために必要な各男性ホルモンが正常な値かどうかを調べます。

次に、抗精子抗体の検査が挙げられます。
この検査方法では、男女それぞれの体内に、精子の動きを鈍くさせる抗体があるかないかを調べるのです。
不妊症に悩む夫婦の場合、男女関係なく約3%程が抗体を持っているとされています。

そして、クラミジア感染症の検査です。
この検査をする理由は、主に2つあります。
自覚症状がほとんどない厄介な感染症であることと、感染して重症になると子宮内膜や卵管に悪影響が出て妊娠が難しくなることです。
そのため、早期発見で早期治療が大切になります。

このように妊娠しにくい不妊症を調べる検査方法は多岐に渡ります。
また、不妊症の検査は、女性だけではなく男性も検査を受けることが大切なのです。
まずは夫婦揃って産婦人科を訪れ、自分達に必要な検査方法が何かを知ることから始めましょう。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ