妊娠中のカンジダ検査による陽性判定後の対応






妊娠中の女性は体の中で様々な変化にみまわれるため、抵抗力が落ちやすくなります。
そのため、カンジダの症状に襲われたりすることがあるのです。
ですから、カンジダ検査で陽性反応があったら、きちんと治療したいですね。

痒みやおりものに違和感があれば、早めにカンジダ検査を受ける

妊娠中の中期以降の検診で、カンジダ検査を受けることが多いですね。
ただし、妊娠中の時期に関係なく、おりものが気になったり痒みがあったりしたら、かかりつけの産婦人科でカンジダ検査を受けることが大切です。

カンジダ箘が存在していれば陽性反応が出るというわけです。
妊娠中はホルモンの関係でカンジダ箘が勢いを増しやすく、カンジダの症状がいつもより出やすくなります。
恥ずかしがることはありません。
早めにカンジダ検査を受けて、必要ならば早めの治療を受けましょう。

カンジダの治療は膣への薬投与で赤ん坊にも安心

カンジダ検査で陽性反応が出たら、妊娠中であっても産婦人科で感染して炎症が起きている部分の洗浄や薬の塗布をしてもらえます。
また、処方された錠剤等の座薬を用いて、早めに治癒することも可能です。

経口ではなく、感染して炎症を起こしている部分への直接投与となります。
そのため、妊娠中とはいえ、赤ん坊への影響を過剰に不安に感じる必要はないのです。
とにかく医師の処方に従い、出された薬は途中でやめないで最後まで使い切ることが一番です。
そうすることで妊娠中のカンジダ検査で発覚した症状の完治と、まさかの再発を遠ざけることができます。

日に日に成長する赤ん坊を安心して出産できるように、おりものや痒み等の異変を感じたら、できるだけ早く産婦人科でカンジダ検査を受けましょう。
カンジダ検査の結果が陽性だとしても、早期に適切な治療を受けられるので安心です。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ