子宮内膜症だとしても妊娠は可能です






妊娠を望みながらもなかなか実現できない場合の理由は、いくつかあります。
もちろん、子宮内膜症もその一つですが、必ずしも不妊症になるわけではありません。
子宮内膜症を抱えながら、妊娠・出産をする女性は決して少なくないのです。

子宮内膜症が原因の不妊症とは

子宮内膜症を患っていると、月経サイクルと同様に、子宮外の内膜も成長して剥がれ落ちるという状態を繰り返します。
これが月経のたびに繰り返されるので、内膜が発生する部分の炎症が酷くなっていく傾向が生じます。

そのため、卵管や卵巣、あるいは、子宮を含めた周囲の臓器に内膜が発生していると、不妊症で悩まされる事態になる恐れがあります。
排卵そのものや受精卵の着床がうまくいかなくなるので、妊娠したいのに難しい状態になってしまうのです。
妊娠を望む場合は、この状態を改善することが大切になります。

子宮内膜症を乗り越えて妊娠するには

本来、子宮内膜症は閉経によって月経がなくなれば、自然治癒を期待できます。
また、子宮内膜症を患っていても軽度であれば、自然妊娠の可能性も充分あるのです。
ですから、妊娠できないと諦める必要はありません。

ただし、子宮外にできた内膜の位置によっては、正常な排卵が難しくなることがあるのです。
その場合は、卵巣・卵管の癒着部分を切除する手術を行い、正常な排卵を待つという方法が採られることがあります。
あるいは、体外受精を行うという方法も考えられるのです。
ですから、子宮内膜症を抱えての妊娠を希望するならば、産婦人科を早めに受診するのが良いですね。

このように、子宮内膜症を患っている人全員が、妊娠は難しいというわけではありません。
しかし、子宮内膜症とのつきあい自体は、閉経頃まで続くので長丁場となります。
そのため、妊娠したいと望む場合は、早めに産婦人科を訪れることが大切です。
産婦人科医の診察やアドバイスのもとで、内膜症や不妊症を乗り越えて妊娠することを目指しましょう。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ