子宮筋腫を抱えての妊娠・出産の可能性


子宮筋腫がある場合、月経時の出血量が多かったり月経痛が酷かったりすることがあります。
また、筋腫の大きさによっては、膀胱圧迫による頻尿や直腸圧迫による便秘等の症状が出てくることもあるのです。
そのため、特に妊娠を希望している場合は、早めに産婦人科にかかって診察・検査を受けると良いですね。

不妊症の原因となる場合の子宮筋腫

不妊症ではないかと心配する妊娠希望の女性のうち何割かは、子宮筋腫を抱えていることが少なくありません。
子宮筋腫は良性の腫瘍なのですが、筋腫ができる位置によっては妊娠しにくい状況を生み出すことがあるのです。

その中でも、粘膜下筋腫と呼ばれるタイプは不妊症の原因になりやすいものです。
これは粘膜の下から子宮内部に向けて大きくなるため、子宮の入り口を塞ぎかねない状況も出てくるからです。
そのため、この状況による不妊症で妊娠を望む場合には、思いきって子宮筋腫の部分のみを摘出するタイプの手術も考えられます。

子宮筋腫を抱えて妊娠・出産に至ること

子宮筋腫は発生する位置によっては、妊娠の継続が可能であり、また、帝王切開ではなく通常分娩で大丈夫なこともあります。
ただし、妊娠中に多く分泌されるエストロゲンの影響で子宮筋腫も成長しやすいことに注意しましょう。

そのため、産婦人科での定期的な健診では、子宮筋腫も診てもらうと良いですね。
定期的な経過観察により、安心できる妊娠継続や手術・分娩方法について正確な判断を適宜行うことが可能になります。
勝手な自己判断に任せるより、専門医の判断を仰ぐことのほうが安心です。

このように、子宮筋腫を抱えていても、妊娠・出産は可能です。
だからこそ、子宮筋腫があるのならばもちろん、仮にないとしても、産婦人科での健診・診察を大切にしましょう。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ