アトピー体質の妊婦にも妊娠線クリームは有効です

 【妊娠線クリーム】NOCOR




アトピー体質の女性は、もともと肌が乾燥しがちです。
ですから、妊娠中に妊娠線クリームを塗って妊娠線を作らないための予防対策を取るのは不思議なことではありません。
何故ならば、アトピー体質と妊娠線が生じることには共通点があるからです。

アトピー体質と妊娠線の出やすさの共通点

アトピーの症状としては、主に皮膚の酷い痒みが挙げられます。
そんな強い痒みのある人には、乾燥しやすい肌が大敵なのです。
そのため、ステロイド等で治療をしながら、併せて、保湿クリーム等を使用して、肌のカサつきを抑えようするアトピーの患者も多いのです。

また、妊娠線が出やすい人も、乾燥肌の人が多いのです。
妊娠中は肌がカサつきやすく、同時に、お腹が大きくなるにつれて皮膚が引っ張られていく状況になります。
この二つの状況が重なることで、皮膚が薄く弾力性やしなやかさに欠けやすくなって妊娠線ができてしまうのです。
これを防ぐために、日頃のスキンケアとして妊娠線クリームを使う妊婦さんも少なくありません。

このように、アトピー体質の人と妊娠線ができやすい人は、共に肌の乾燥に注意を払う必要があります。
つまり、妊娠線クリームは保湿クリームと同じような意味合いを持っているのです。

肌を保湿することの大切さ

アトピー体質に悩む人も、妊娠して乾燥肌に悩む人も、とにかく肌の保湿を心がけましょう。
元々アトピー体質だった人が日常で使っていた保湿クリームを、妊娠線予防のための妊娠線クリームとして使用するのも良いのです。

お腹はもちろんですが、お尻や大腿部、足の付け根に妊娠線ができる場合が多いので、そのあたりの保湿も兼ねて、妊娠線クリームを使いたいものです。

また、保湿クリームや妊娠線クリームは、できるだけ天然の成分が主体のものを選ぶことが大切です。
アトピー体質も、妊娠後の乾燥肌も、共にカサつきやすい状態になっています。

そのため、様々な刺激に対して過敏な反応が出る可能性があり、肌に優しい成分のものを使いたいですね。
ですから、人の皮膚に含まれているのと同じような天然成分が配合された保湿クリームや妊娠線クリームならば、比較的安心です。

妊娠中に乾燥肌による痒みやカサつきが気になってきたら、アトピーの人はもちろん、そうでない人も妊娠線クリームで早めに対応しましょう。
新しい命を育んでいる大切な体ですから、妊娠線クリームで優しく労りたいものですね。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ