妊娠発覚!仕事先の上司への妊娠報告はいつすべき?






今や共稼ぎは当たり前の時代ですよね。妊娠が分かり、上司や同僚の協力を得ながら、出産ギリギリまで働いて産休に入る人も珍しくありません。

しかしながら、仕事の流れや大変さや責任を十分知っている分、「なるべく周囲に迷惑をかけたくない」という思いから、上司に妊娠報告する時はタイミングを考えてしまいます。

働くプレママ達は、どんな理由からいつのタイミングを選んで妊娠報告をしているのでしょうか。

(ケース1)産院で胎動の確認ができたら

職種によって大きく違ってきますが、例えば、締切に追われると帰宅が深夜になることが多いマスメディア関係や、イベントプランナーのような半年や一年先の大きなプロジェクトをチームで進めていくような仕事。

また、感染症のリスクの高い職場に勤める看護師さんや保母さん達も、早い段階で上司に妊娠報告をする必要があります。極端に身体への負担が大きい職種や産休に入ると職場に大きく迷惑がかかる職種の人は、上司に妊娠報告するタイミングを伺うのではなく、胎動の確認ができた時点で伝えた方が良いでしょう。

(ケース2)お腹の膨らみが少し出る妊娠四ヶ月頃

つわりや眠気などがひどい人は、もう少し早めに妊娠報告するのも良いと思いますが、仕事にあまり支障をきたさない人は、お腹の膨らみが出てきた辺りが良いでしょう。

何故なら、職場の女性達の中には感の強い人もいて「あの人もしかして妊娠?」と気づかれることがあるからです。仲が良く信頼できる人なら、上司に妊娠報告するまでは口外しないようにお願いできますが、気づかれたのがそうでない人だった場合、噂だけが広まり、自分で報告する時には既に上司が知っていた…ということになりかねないからです。

(ケース3)安定期に入ってから

お腹の膨らみも目立ち始める頃ですが、それまであなたの妊娠によって周囲に特別な負担や心配をかけることがない場合は、安定期に入った妊娠5カ月くらいに上司に妊娠報告をしても良いでしょう。

「皆さんにご迷惑や心配をかけてはいけないと思い、安定期に入ってから報告させてもらうつもりでした」と伝えれば、上司に不快な思いをさせることはありませんし、今後の業務内容についてもきちんと相談に乗ってくれるでしょう。

以上、上司への妊娠報告にベストだと思われるタイミングを3つほど紹介しましたが、妊婦さんの体調は個人差もありますし、職場環境によっても望ましいタイミングは違ってきます。産後、現在の仕事をどうしていきたいのかをしっかりと考え、まずは職場で産休を経験された同僚や先輩に相談してみるのもオススメです。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ