妊娠中の旦那の浮気が心配!浮気されないための妻の予防策とは?


浮気をされたという事実だけでも許し難いことなのに、よりによってそれが「妊娠中の出来事」となれば妻のショックと怒りは想像絶するものになりますよね。
でも、妻の妊娠中に浮気をする旦那は確かに存在するのです。

そんな彼らの言い訳は、たいてい「だって…寂しかったから」or「妊娠してお前が変わっちゃったじゃないか」の2パターン。もちろん、何を言っても許される理由は1㎜もありません。

しかし、少し落ち着いて振り返ってみると、1つや2つ思い当たる節があるのも事実…ということがほとんどです。旦那が『妻の妊娠』を言い訳にして浮気に走らないよう、幾つかのことを今から実践してみませんか?

父親の自覚が芽生えるように上手にサポートしていく

女性は妊娠すると、体調の変化やお腹の膨らみなどで、早めに母親としての自覚が芽生えてきますが、男性はなかなかそうはいきません。

実際、「生まれてからやっと自覚が出てきた」というパパもたくさんいらっしゃいます。ですから、検診へ一緒に行ったり、赤ちゃんグッズの下見に出掛けたり、「あっ、この子、パパが話し掛けるとよく動くわ~」と少し大袈裟に言ってみたりして、上手に父親の自覚が芽生えるように誘導してあげることが大切です。

『妊娠中に浮気をすると、妻だけでなく我が子も裏切ることになる』ということが浮気の制御になるのです。

スキンシップや夫婦の時間を大切にする

手を繋いで散歩したり、ソファーに並んでDVD鑑賞を楽しんだり、クリームをたっぷり付けて妊娠線ケアのマッサージを手伝ってもらったり。

スキンシップや夫婦の時間を大切にしながら、「赤ちゃんが生まれても今みたいにずっと仲良しでいようね」という思いをきちんと言葉に出して積極的に伝えましょう。

上手に甘えながら、妊娠前と変わらない妻を目指す

妊娠中はホルモンバランスの影響で女性は体調や感情の変化も出てきます。ですから、無意識にイライラして語気が荒くなってしまったり、身体が重くて家事をおろそかにしてしまうこともあります。それを「自分への愛情や関心がなくなった」と勘違いして、浮気に走る旦那も少なくありません。

「あなたの子供を授かっているかんだから我慢してよ!」と言いたい気持ちをグッと抑えて、「今日はごめんね」と上手に甘えながら無理のない範囲でいい妻を目指しましょう。

「正直、妊娠中は体調や身体の変化で旦那どころじゃない!」という方や「うちの旦那に限って浮気なんてありえない!」という方もいらっしゃると思います。

しかし、妊娠中は身体や気持ちにも色々な変化が現れてくるので、無意識に旦那を傷つけている可能性もあるのです。男性の方が意外とデリケートな面が多いので、妊娠中もきちんと気に掛けてあげる必要があります。

できれば、プレママの方をいつも以上に優しく大切に扱ってほしいものですが、お腹の赤ちゃんを穏やかで円満な夫婦で迎えてあげるためにも、まずは妻側から心掛けていきましょう。

そうすれば、自然とその思いがご主人にも伝わってお互いを思いやることができるでしょう。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ