不妊症になりやすい人って?


不妊症のひとつの目安としては、タイミングを取り始めて1年以内に妊娠しなかった時だと言われています。でも、結婚が遅かった人や今から紹介する「不妊症になりやすい人」に当てはまる人は、1年を待たず、半年程度タイミングを取っても妊娠しなかったら早めに病院へ行った方がよいでしょう。

月経に何らかの異常がある人

月経が来る間隔が長い人や極端に短い人。また、月経の量が極端に多かったり、だらだらと長く続いたり、反対に2日くらいで終わってしまう人、月経の際に激しい痛みに襲われる人は、子宮に何らかの異常がある可能性が高いため、不妊症になりやすい人と言えるでしょう。

排卵をしていなかったり、過去に流産や中絶の処置を受けた影響で子宮の一部が癒着していたり、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が潜んでいたりすることが考えられます。

そういった人は早めに受診して、異常があった場合、治療をしていく必要があります。もし、異常がなかったとしても、どの段階で体外受精などの次のステップに進むかなど、具体的な今後の展開を視野に入れながら医師に相談してみましょう。

太りすぎの人・痩せすぎの人

皮下脂肪の多い肥満の人は不妊症になりやすいと言われています。なぜなら、皮下脂肪には女性ホルモンを吸着するため、女性ホルモンが本来必要なところに働かなくなるからです。

反対に痩せすぎの人も女性ホルモンのバランスを崩している可能性が高く、排卵障害を招くことに繋がります。太りすぎ・痩せすぎが無月経や無排卵の原因になるので、妊娠を望むならば生活改善をしていく必要があります。

冷え性の人

夏場、クーラーがガンガンに効いた部屋にいる人、冬場、手足がずっと冷たくてなかなか寝つけない人、湯船に浸からずシャワーだけで済ませている人は、冷え性の可能性があります。

冷え性が子宮や卵巣の機能を低下させる原因となり、不妊症になりやすい人の多くが冷え性で悩まされていると言われています。また、タバコも体温を低下させ、冷え性を悪化させるので、喫煙者も不妊症になりやすい人だと言われています。

「今月こそは!」と思っていたのに月経が来て落ち込んでいる人も、これから妊娠を望んでいる人も、「不妊症になりにくい人」から脱却するために、今からできることを初めてみませんか?

「不妊症かもしれない」「不妊症だったらどうしよう…」と悩んでいても、気持ちばかりが暗くなるだけです。まずは自分のライフスタイルを見つめ直し、定期的に婦人科に検診に行くなどして病院とも上手に付き合っていきましょう。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ