妊娠中に離婚!でも…認知手続きはどうするの?






産まれてくる赤ちゃんのことを思うと、夫婦で妊娠を喜び、お父さんとお母さんが赤ちゃんを温かく迎えてあげるのが一番理想的です。

しかしながら、妊娠を分かっていながらもやむを得ない理由で離婚の道を選んだ人、また、離婚をした後に妊娠していることに気づいた人もいらっしゃいます。

そして、妊娠中に離婚を決断したママ達が子供のためできる手段のひとつが認知の手続きです。では、離婚後に生まれた子どもの認知はどのように進めていくのでしょうか。

元旦那に認知を請求する

『離婚後300日以内に生まれた子供は、婚姻中の夫婦間にできた子と推定する』と法律で決められています。ですから、子供が離婚後300日以内に生まれたという証拠を持って、元旦那に認知を請求しましょう。

そして、認知をしてもらうと、元旦那は必然的に父親としての扶養義務を果たす責任が生まれるので、あなたは養育費を請求できます。もし、この時点で元旦那が認知を承諾しない時は、次のステップに進む必要があります。

家庭裁判所に認知の調停を申し立てる

家庭裁判所にて話し合いが行われます。そして、調停がスムーズに進まないようであれば、今後は地方裁判所に認知請求の人事訴訟を起こすようになります。

そして、家庭裁判所が元旦那が赤ちゃんの父親であると判断したら、強制認知が認められ、元旦那がなんと言おうと親子関係が強制的に確定されることになります。

妊娠中に離婚した場合の認知手続きについて、簡単な流れをここで紹介しましたが、やはり法律のプロに相談するのが一番スムーズに進みます。

産後は体の回復や育児に専念するのがベストですので、弁護士への相談や手続きの準備など、妊娠中にできることはなるべく済ませておきましょう。また、認知が認められると、養育費はこれからの分はもちろん、生まれてから認知されるまでの養育費も合わせて請求できます。一日も早く手続きを進めたいという気持ちは分かりますが、ママの体調や育児のリズムを優先しながら進めていきましょう。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ