つらい陣痛がやわらぐ?痛みを緩和する方法あれこれ






つらい陣痛の痛み、少しでもやわらぐようにしたいものですよね。
実は、陣痛は少しの工夫でやわらぐことができます。

ではどのようなものが効果的なのでしょうか。
陣痛がやわらぐことができる方法をまとめました。

ロッキングチェア、バランスボール

木馬のようなロッキングチェアやバランスボールは、陣痛をやわらぐようにするのに非常に効果があります。
座ってゆらゆらと骨盤を揺らすことで、赤ちゃんが下りてきやすくなりますから、陣痛がやわらぐだけではなく、お産の進行を進める効果もあります。

テニスボールなどで会陰を押す

陣痛の痛みは、会陰や肛門あたりを強く押すことでかなりやわらぐもの。
テニスボールやゴルフボールなどがあれば、押しやすく便利です。
なにもなければ、ダンナ様や助産師さんに押してもらってもいいですね。

アロマテラピーを用いる

クラリセージやジュニパー、イランイランやローズなどの香りには、陣痛の痛みがやわらぐ作用があります。

お産の進行に合わせてこのアロマオイルを使えば効果的なのですが、他の人と陣痛室などを共有している場合には、配慮する必要がありますのでご注意ください。

カイロなどであたためる

会陰や腰、恥骨など、部分的に陣痛の痛みが強い場合は、使い捨てカイロも効果があります。
痛みの強い場所をあたためると、陣痛がやわらぐように感じますからお試しください。
貼らないタイプのカイロのほうが、いろいろな場所に使えますから便利です。

まとめ

他にもマッサージやツボ押しなど、陣痛をやわらげる方法はたくさんあります。
人によって効果の程度は違いますが、どの方法もやらないよりは陣痛が楽になるはず。
いろいろ工夫してつらい陣痛をのりきりましょうね。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ