腹帯ってどうやって巻くの?腹帯の巻き方と選び方


妊娠5ヶ月に入ると帯祝いの儀式。
この日から出産までは、赤ちゃんとママのおなかを守るため腹帯を巻いて過ごします。

でもさらしタイプの腹帯は巻き方にコツがあり、初めての方だとちょっぴり扱い辛いですよね。
腹帯はどのような巻き方をするのか、またどんな腹帯を選べばいいのかまとめてみました。

基本の腹帯「さらし」

さらしタイプの腹帯は岩田帯ともいい、昔ながらのシンプルな腹帯です。
まだ膨らんでいないおなかにも、大きくなったおなかにも対応できて便利な腹帯ですが、5mもの長さがあるため巻き方にコツがいるのが玉にきず。

でも覚えてしまえばそれほど難しくはありません。まずは、腹帯の巻き方を説明している動画を見てみましょう。

いかがでしたか。
腹帯の巻き方をもう一度簡単に説明すると以下のようになります。

1)腹帯を半分の幅に折る
2)さらしでおなかを支えるように、ぴったりとおなか周りを一巻きする
3)おなかの真ん中か横で一折り(さらしの肌側の面を外側に向けるように折り返す)
4)一巻きするたびに一折りして、さらしを全部巻きつける
5)最後の部分は中に折り込むか、ピンで止めるなどしてほどけないようにする

やってみると意外と難しくありません。
ただ腹帯を巻き方がゆるいと、まったく腹帯の効果がありませんから注意してくださいね。

また腹帯の巻き方がきつすぎると苦しくなってしまいますから、ほどほどの力で腹帯をしめ、おなかをホールドしてあげてくださいね。

成形タイプの腹帯

さらしの腹帯がいいのはわかるけど、どうしても巻き方が苦手だったり面倒だったりする方は、すでに成形されている腹帯もあります。
成形されておりマジックテープなど付け外しをするタイプですから、おなかに装着するだけで使えるので手軽に使えて便利ですよ。

さらしよりは若干値が張りますが、毎日の付け外しの手間はぐんと減らすことができますので、腹帯に時間をかけたくない方にはおすすめです。

腹帯は大きくなったおなかを支えて、体への負担を軽減してくれる優れものです。
腹帯がどうしても苦手な人は、ガードルタイプでも腹巻タイプでもかまいませんから、なにかおなかを支えるものを用意しておきましょう。後々の腰痛予防になりますよ。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ