知っておきたい!予定帝王切開の費用と準備について






出産中の何らかのトラブルで自然分娩は難しいと判断された場合に行われるのが緊急帝王切開、そして前回帝王切開で出産していたり、逆子や双子以上の多胎妊娠だったりで、あらかじめ出産日を計画するのが予定帝王切開と呼ばれています。

予定帝王切開は、緊急に比べると精神的にも余裕があり、ある程度の目安がつくのが大きな違いと言えるでしょう。ここでは、知っておきたい予定帝王切開の費用と準備について簡単にご紹介します。

  • 予定帝王切開の費用
  • 予定帝王切開に向けての準備
  • 予定帝王切開の費用

    帝王切開の場合、実質全額自己負担の自然分娩より高額になりますが、手術料や投薬料や入院料などは医療行為とされているので健康保険が適応されて3割負担になります。

    もちろん、分娩費などは適応されません。また、入院日数が自然分娩に比べて6日から10日前後と長いため、出産の費用が自然分娩よりも高額になることが多いと言えます。しかし、保健適応部分が多いため、自然分娩とそこまで大きく違うということはありませんのでご安心を。

    しかしながら、病院が料理に力を入れていたり、エステやおっぱいマッサージなどの特典が付いていたり、キレイな個室部屋だったりする個人病院は帝王切開に限らず必然的に費用は高くなりますし、総合病院においても、地域などによってその費用は様々です。

    ですから、40万円くらいの費用で済んだ人もいれば、医療以外の様々なサービスを受けて100万円近くのセレブ価格を支払う人もいるのです。従って、「○○円です!」と具体的な金額は言えませんが、出産で受け取ることができる出産育児一時金42万円と、高額療養費制度による医療費の払い戻しを考慮すると、だいたい5万~10万円くらいの持ち出しの人が多いようです。

    予定帝王切開に向けての準備

    出産のための入院準備は、予定帝王切開も自然分娩も変わりません。

    ただ、帝王切開は一般的に医療保険が適応されるため、加入している保険会社によっては手術給付金や入院給付院が支給されることがあります。

    第一子を出産してから5年以内は支給されないなどの特約がある場合もあるので、約款で調べたり、直接保険会社に問い合わせて、今回の予定帝王切開が対象になるのかを調べておくと良いでしょう。

    また、事前に「高額療養費限度額認定書」を提出しておくと、窓口で支払いの時に自己負担限度額を超えたものが減免されるので、予定帝王切開の人はこちらも準備しておくことをオススメします。

    自然分娩でも、予定帝王切開でも、緊急帝王切開でも、選ぶ病院によって大きく費用が変わるようです。妊娠中は体調が優れなかったり、寝不足だったりして、ゆっくりと調べる余裕がない人も多いかと思いますが、身近な経験者の口コミを聞くなどして、お家からあまり離れていない場所にある出産可能な産院の下調べをしておくと安心です。



    妊娠線クリームの選び方

    妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

    妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



    数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
    できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

    妊娠線クリーム比較表




    妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

    1位:ベルタマザークリーム



    ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

    また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

    実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



    2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



    1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

    葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




    3位:NOCORクリーム



    NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

    すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

    実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

    >>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ