赤ちゃんの粉ミルク、どんな水を使って作ればいいの?




赤ちゃんの粉ミルク、どんな水を使って作っていますか?
水道水?ミネラルオィーター?ちょっと間違えると赤ちゃんの体に負担をかけてしまいますよ。

赤ちゃんの粉ミルクの水はどのようなものを選べばいいのでしょうか。まとめてみました。

赤ちゃんの粉ミルクには「軟水」か「純水」を使用しよう

内臓の発達が未熟な赤ちゃんは、ミネラルの排出が苦手です。なので、赤ちゃんの内臓に負担をかけないために、粉ミルクを作る時はミネラル分の少ない「軟水」を選びましょう。
日本の水道水のほとんどは軟水ですから、粉ミルクには使うことができますよ。

ただ、日本の上水道の水道管は老朽化しており、さび付いていたり塩素で痛んでいることが多々あります。
その中を通ってきた水を、そのまま赤ちゃんに飲ませるのはちょっと心配ですよね。
できれば浄水器などを使用して、残留塩素やトリハロメタンなどの不純物は取り除いてあげたほうが無難です。

赤ちゃんグッズの専門店では、ミネラルをほぼ取り除いた「純水」も販売しています。こちらもミルクには最適な水ですよ。

いずれにしても、赤ちゃんの粉ミルクを作る時には必ず沸騰するまで加熱し、殺菌した水を使うようにしましょう。

ウォーターサーバーの水も必ず加熱して

最近はやりのミネラルウォーター。スーパーに置いてあるディスペンサーで飲み水を持ち帰っていたり、自宅にウォーターサーバーをレンタルしている方も多いのではないでしょうか
ミネラルウォーターも軟水であれば、赤ちゃんの粉ミルクの水として使うことができます。
ただ、その場合も必ず煮沸し殺菌してから使いましょう。

赤ちゃんのミルク、作り置きは水の雑菌繁殖のモト!

沸騰して殺菌した水は消毒成分も抜けていますから、しばらく放置するとまた雑菌が繁殖し始めます。
赤ちゃんの粉ミルクを作った水も、放置すればあっという間に雑菌だらけ。
そんなミルクを赤ちゃんに飲ませるなんて恐ろしいですよね。
赤ちゃんのミルクは作り置きせず、作ったらすぐに飲ませるようにしましょう。

赤ちゃんの粉ミルクの水のポイントは、難しくありません。
㈰「軟水」か「純水」で、㈪加熱殺菌したものを、㈫すぐに飲ませる。これだけです。
この3つのポイントを守れば間違いありませんよ。
赤ちゃんを守るため、このポイントだけ抑えてミルクを作ってくださいね。
 



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ